ネットワークビジネス勧誘と罠

口コミの勧誘には、なぜ、嘘が混じるのか

ネットワークビジネスは、友達を利用して楽して儲ける怪しいビジネスでしょうか。

事実は別として、誘う方にも誘われる方にも、そういう先入観があります。

しかし、現実的には、素人が友達全部に声をかけて歩いたくらいで稼げるような簡単なビジネスではありません。そこで、「簡単に誰でも稼げる」という嘘を、言って誘うしかなくなってしまうのです。
そうやって、簡単に稼げると誘う一方で、誘った相手にはいつまでたっても稼ぎ方を教えず、ひたすらダウンに製品を買わせて自分だけがお金を稼ぐ。

そんなことは知らないで参加したダウンは、アップのやり方を見てぞーっとしますよね。お金儲けのために友達の私を利用したのか、という怒りがこみ上げてくるかもしれません。

でも、在庫がたまり借金が増えてくると、背に腹は替えられないという考えに至り、そのうちアップと同じことを始めてしまう。
でも、心は正直ですから、自分のお金儲けのために友達を巻き込んでいるという罪の意識をぬぐい去ることができず、ストレスがたまってくる。

ネットワークビジネスの勧誘の現場では、簡単に稼げるというおいしい言葉が、あたかも真理のように交わされています。それが、ネットワークビジネスの罠なのです。

しかし、ネットワークビジネスに限らず、簡単に稼げる仕事などあるはずはないんです。
もし、本当にあなたが、簡単に稼ぐ方法を知っているのなら、友達を誘うことにためらいなどないはずです。

必ず稼げる方法を知った上で友達を誘うならば、後ろめたい気持ちになる事も、友達をに迷惑をかけるなんて思うことはないはずですよね。

 

ネットワークビジネスの本来の姿は、WIN-WINの関係

ネットワークビジネスは、誘った人をお金持ちにしてあげることによって、自分も幸せになるビジネス!つまり、WIN-WINの関係でなくては嘘です。

誰でも稼ぐ方法を、本当に自分が知っているとしたら、あとは、このビジネスで稼ぎたいと思っている人を集めて、自分が成功した方法を教えていけばいいんですよね。

それを最重要と捉えて、ノウハウを積み重ねて来たのが、私のやっているネットワークビジネスです。

心から金持ち父さんになりたい人を、ネット上から集めるのは簡単です。現在、金持ち父さん志願者はネット上にあふれており、さらに増え続けているからです。

しかし残念なことに、稼ぐノウハウを本当に教えるシステムを持っているグループは多くありません。

インターネットを使ったからこそ、稼ぐノウハウと教えるためのシステムを作り上げることができたのです。

このインターネットのビジネスはニーズがとてつもなく大きいといえます。

なぜなら、口コミは嫌われる一方、インターネットを使う人は増える一方だから。

この流れが変わらない限り、インターネットのビジネスは絶える事はないでしょう。

嘘やだましを排除して、正直に紹介をするだけ(HPを見て貰うだけ)でダウンを増やせて収入になるのなら、ネットワークビジネスに挑戦したい人は大勢いるのです。

 

根性論はもう聞きたくないです!

image5_1

従来の口コミのネットワークビジネスは、精神論、根性論しか教えてくれないといわれます。人脈を投入するのが前提ですから、行って来い!取って来い!と励ますしかない訳です。

あなたも、過去のビジネスで、とにかくリストアップしてセミナーに連れて来いと言われて、辟易した経験があるかもしれません。

それでも、ストレスを感じながらも、ネットワークビジネスをやってきたのは、夢があるからですよね。

夢のサイズはいろいろです。

生活を豊かにしたい人、もっと大きな収入が欲しい人、年をとっても心配しなくていい継続する収入源を持ちたい人、いずれは金持ち父さんのように投資家として成功したい。

インターネットでも口コミでも、最初はこつこつビジネスメンバーを集め、マーケティングのノウハウと組織運営のノウハウを、実践しながら組織を作っていくしかありません。

それをやり遂げるには、先に自分が学び、学んだことをダウンに教えていくというシステムがとても重要になってきます。

実践的な集客のノウハウと、リクルートのノウハウ、メンバー育成のノウハウを持っているビジネスグループをどこで探したらいいでしょうか。

 

ふたを開けたら成功できないシステムだったでは、拡大はない

結論としていえることは、成功するためには、しっかりしたノウハウと、責任ある教育システムが必要なのです。

それを持たないグループは、いくら知り合いに声をかけてリクルートして広げても、いつかは崩壊していき、組織を安定させることができません。

パイの奪い合いと言われる通り、ネットワークビジネスの会社はいくらでもあるのです。

成功できないシステムだと思ったら、さっさと人は離れていきます。

実行可能なプランと、成功できる可能性があることが、拡大していくビジネスにとって最重要課題なのです。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法