ネットワークビジネスの確定申告はどうなるか

たとえ副業のネットワークビジネスでも、収入があれば確定申告しないで隠していいことはありません。

私のネットワークビジネスは、小遣い稼ぎ程度にやっているので、確定申告はまだいいだろうなんて、思っていませんか?

ちょっとくらいならしなくてもいいだろうと思っているなら、要注意です。

確定申告をしないと、立派な脱税とみなされ、罰せられることもあります。

ネットワークビジネスの収入を確定申告が必要な人

こういった人たちは確定申告をする義務があります。

ネットワークビジネスを専業としていて、報酬から経費を引いた所得が年間38万円以上あり、会社から源泉徴収をされていない人。

副業やサイドビジネスとしてネットワークビジネスに取り組み(別に本業収入がある)ネットワークビジネスからの所得が年間20万円以上の人。

上の条件を満たしながら、期限までに申告の手続きをしなかったり、税金を払わないようにと不正なことをすると、延滞税とか、重加算税などを請求されることも起きえます。

面倒臭がって、申告しないなどという事の無いように注意をしましょう。

確定申告の仕方

確定申告は前年度の1月1日から12月31日までの所得と所得税額を計算して、所得税を納める手続きです。

申告期間は2月16日から3月15日までです。

最近、申告する手間も、ずいぶん楽になりました。

サラリーマンですと、税務署まで出向くのが面倒に感じるかもしれませんが、国税電子申告・納税システム(e-Tax)を利用すれば、パソコンとインターネットを利用して、自宅にいたまま申告が出来ますので便利です。

また、用紙をダウンロードして、書類を作って郵送しても申告手続きはできます。

それでも、書類は作らなくはいけないですから、めんどくさい人もいるかもしれませんね。

でも、確定申告したほうが得なケースもあります。

 

源泉徴収されている場合

通常のサラリーマンなら、会社が給料から源泉徴収をし、社員に代わって納税をしてくれています。その場合、年度末調整で計算し、納めすぎがあればお金が戻って来ますね。

しかしネットワークビジネスのディストリビューターである場合、確定申告は、一人一人が個人事業主ですので、自分でその計算して、申告しなくてはいけないのです。

ディストリビューターさんでも、会社から報酬を受け取るとき、源泉徴収を差し引かれて受け取っている方も多いと思います。

基本的には報酬の10%程度が引かれていると思いますが、これは仮に決められている金額ですので、1年間にかかった経費などを計算して申告をすると、税金の還付を受けられることが少なくありません。

もったいないですから、経費などは自分できっちり計算をして、確定申告をして還付をしてもらいましょう。

確定申告の時に、ネットワークビジネスの経費として上げていいのは、以下のようなものです

  • イベントやセミナーの参加費(セミナーに出るために支払う参加費用)
  • 交通費、宿泊費(バスや電車など、駐車場代など、ビジネスで利用した交通費やホテル宿泊費)
  • 飲食代金(ミーティングやABCなどで利用した喫茶代金)
  • 電話代(個人用と共用の場合はその割合に応じた額)
  • はがきや切手代(仕事上の手紙、お客様やダウンさんへの暑中見舞いや年賀状などのはがき代)
  • 書籍や資料の購入費、文房具購入費

収入と支出をしっかりと計算して、確定申告をしましょう。

 

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法