ネットワークビジネスとは~単に物の売り方の一つ

ネットワークビジネスとは、何か。

あなたは、うまく説明ができますか?

ネットワークビジネスをやっている人が、よく不満を漏らします。

ネットワークビジネスについて、誤解をしている人が多い、世間ではイメージが悪いと。

でも、ネットワークビジネスを本業でしている私でも、訊かれてとっさに説明できないことがたくさんありますよ。

例えば、こんな素朴な疑問の数々・・・

稼げる?稼げない?
詐欺?合法?
簡単?難しい?

一概に答えられる人はいないんじゃないでしょうか。

ましてや、経験のない方から見たら、ネットワークビジネスとは、クエッションマークを山積みという感じでしょう。

 

ネットワークビジネスとは

でも、意外にも、このネットワークビジネスの仕組みというものは、実は大変シンプルなものなのです。

簡単に言えば、物を売る仕事なんですよ。

会社が生産している商品を、許可を得て委託販売しているイメージです。

だから、もしネットワークビジネスが詐欺だというのなら、デパートでものを売るのも詐欺です。

通販で、物を売るのも詐欺です。

ネットワークビジネスが詐欺ではないということは、納得していただけたでしょうか。

 

ネットワークビジネスはアフィリエイトに近い

そのとおりです。

ネットワークビジネスは、アフィリエイトに酷似しています。

でも、アフィリエイトと違うのは、収入の大きさでしょうね。

アフィリエイトの仕組みは、こんな感じ。

私がAさんに、商品を売ると、その販売実績に対して会社(もしくはASP)から紹介報酬をもらえます。

ネットワークビジネスは、そこまでは同じ、

次に、Bさんが、Cさんに商品を売ると、Bさんの紹介者であるAさんも、報酬を受け取れます。

さらに、CさんがDさんに商品を売ると、CさんとBさんとAさんに紹介報酬が支払われます。

だから、同じだけ物を売ることができれば、アフィリエイトより稼げるといえるでしょう。

だから、ネットワークビジネスは、アフィリエイトに比べると、稼げるし、簡単なのです。

ただし、一つも売れない、ダウンも作れないという方は、一円も稼げなません。

MLMに参加することは、賭けでもあるのです。

さて話を戻しましょう。

 

なぜネットワークビジネスが流行るのか

ネットワークビジネスはものを売る仕事だと、先ほど申し上げました。

物を売るといえば、他にも色々な方法がありますよね。

なぜ、企業はわざわざイメージの悪いネットワークビジネスの販売形態を選ぶのか。

例えば、もっと簡単に、

専門のセールスマンに給料を払って売ってもらう、小売店に製品を置かせて売ってもらう、テレビやチラシで宣伝する、カタログを配ってDMを送る。

などなど、おなじみの「売り方」でいいじゃない…

 

企業側がネットワークビジネスを採用する理由は、経費が大幅に節約できるなど、メリットがおおきいからです。

売り歩いたり、店舗に置く代わりに、自社製品を愛用者している人(お客さん)に口コミで広げてもらって、新たなお客さんを紹介して貰って、売り上げに応じてお礼をしましょうというのがネットワークビジネスの商法です。

企業側の目的は、自社の製品がたくさん売れるようになる事、そのために、効率的にお金を遣っているのです。

ネットワークビジネス企業は儲かるのか

ネットワークビジネスの仕組みを採用した会社が、もし儲かっていないとしたら、私たちは報酬がもらえません。

会社が存続しているのであれば、儲かっているということになります。

儲からない会社もあると思います。

例えば、外資系の場合、日本に上陸しても徹底してしまうとか、倒産してしまうとか。

人気のないMLMは消えてい来ますから、どのMLMに参加するかは、慎重に選びましょう。

 

ネットワークビジネスの会社は潰れにくい

ネットワークビジネスは、宣伝費や在庫管理費、流通経費など、いろいろな面で節約できます。

オートシップが気品なので、生産量を調整できるのもメリットです。

宣伝費(紹介報酬)も、売れた場合に支払うわけですから、無駄はありません。

 

その節約した分のお金を、研究費にあてて、より良い製品を生み出すので、目ッとワークビジネスの会社は製品力で勝負するところが多いのです。

 

それに、口コミの力は絶大です

ほかの会社のように、派手にチラシを配ったり、テレビで宣伝するほうが、イメージはいいでしょうがお金がかかります。

同じお金を、モデルさんや歌手や女優さんに支払って宣伝するより、もっと確実で、宣伝力の高いやり方がネットワークビジネスなんです。

テレビで女優がにっこりしたって、それで心が動かされて商品を買う人ばかりではありません。

現在は、昔以上に、個人の発信力が求められている時代だとも言われます。

以前は「秋田産のあきたこまち」で十分ブランド力で売れたのに、最近は、「○○町の田中さんご夫婦が丹精込めて作ったあきたこまち」と書いて、生産者の写真を袋に印刷した方が売れる時代です。

それと同じく、あなたが、自分で愛用して心からいいと思った商品を、知り合いに話せば、ものすごい宣伝効果があるんです。

あなたが、それを仕事にして愛用者を増やした結果、企業からお礼の報酬を頂けるのは当たり前のことです。

ネットワークビジネスとは、企業の飛び切り効果の高い戦略であるという事を理解していただけたでしょうか。

 

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法