ブレないか、とことんブレて真偽を確かめるか

基本的に、わたしたち人間は、外からの影響を受けてブレてしまう生き物なのです。

それは欠点というわけではありません。

誰かからアドバイスを受けて自分の間違いを正すこと、知らなかったことを知って物事の本質を気づくということは、よくあります。

 

ことMLMに関してはブレないことが大事

でも、MLMで成功するためには、ブレないことは大切です。

ブレてばかりで、MLM渡り鳥になっていませんか?

SNSで組織を広げようと思ったけど、逆にいろんなMLMに誘われて、ほかのことを試したくなったことは、誰でもあるはずです。

ミイラ取りがミイラ

ネットの情報に踊らされるノウハウコレクターも然り。

情報商材を買いあさりアフィリ塾を転々として、ちっとも稼げないばかりか、逆にお金を失うことになりかねません。

インターネットは情報の渦です。

しかも、嘘がまかり通る世界でもあります。

ですから、なんでもかんでも情報を鵜呑みにしてはいけません。

例えば、

  • 耳をくすぐるような話を聞くと地道に努力することがばかばかしくなる
  • 批判的な方法を聞いて、自分の仕事に疑いを持つ

どちらも、いいことでないことは、誰でもわかりますよね。

でも、わかっていながら、情報に流されるのが人間です。

ブレることは、迷うこと

疑念を抱きつつ作業をしていたら、何をやっても成功できません。

だから、ブレるのは一番ダメなんですよ。

これで成功すると決めたら、ブレずに続ける!

そして、辞めるときはきっぱりやめる!

成功したいなら、二つに一つです。

二兎負うものは一兎も得ずっていうでしょ。

では、どうしたらいいのでしょう。

耳にふたをして、一切聞かないようにしたほうがいいでしょうか。

それはネットで仕事をする人にとっては不可能なことですし、勿体ないことです。

 

重要に思える情報は真偽を確かめる

これは、重要だ、自分にメリットが大きい、と思える情報に出会ったら、どうしたらいいでしょうか。

それまでの仕事のやり方をすぐに変えるとしたら、それはブレるということで、あなたのビジネスを台無しにする危険があります。

賢い対応とは、今までのやり方を保留にしたまま、新たな情報の確かさを確かめるというのがいいでしょう。

それは、ブレること?

かもしれませんが、その場合は、とことんブレて真偽を確かめないと、疑念を持ったままでいるよりはましです。

わたしが、ADSに遭遇してブレたわけ

わたしは、ネットMLMは、MLM業界の未来を切り開くものだと思っているので、その手の情報には貪欲です。

ADSは、MLMの活動を、会社組織のように分業化するという面白いことを提案していました。

それが上手くいくかどうかは半信半疑でしたが、実際に見ないと真偽を確かめることはできないと思ったので、ADSに参加しました。

その結果、ADSのいいところと問題点、裏の裏(裏の裏の裏とはいかないですが)かなりのことまで把握しました。

ADSから学んだこと

彼らから学ぶことは多かったです。

私が長くやってきた、インターネットで完結するやり方とはまったく違いました。

ADSは、メンバーにアポ取りだけをさせて、リストはトップが全部を管理して、クロージングに成功したらメンバーに返すというやり方です。

自分が苦労して集めたリストに対して、何をされているか見えないというのは不安でした。

たとえ決まっても、自分に付けてもらえるかどうかは、(はっきり言って)わからない仕組み。

やはり、自分が見つけた顧客は、自分でクロージングして、自分でフォローするほうがいい!

(まあ、その成約までの過程は、システムの助けを借りないとできませんが…)

そうやって、自分のビジネスの良さを再発見することができたしね。

ブレるにも目的意識が必要?

選択の自由は、誰にでもあります。

ブレるなら、目的意識をもってブレてください。

あなたが夢をつかむため、幸せになるためのビジネスなのですから。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法