インターネットでダウンを獲得するなんて、幻想?

インターネットでダウンを獲得するMLM、勝手にネットMLMという呼び方をするのは、このビジネスモデルを始めたのが私たちが最初だったからです。

最初は目新しかったので、インターネットでダウンができるということだけで見込み客はたくさんいました。

一回のリードメール広告で、三人も四人もメルマガ登録が取れた…

では、今はどうなんですか?と、尋ねたい方もおられることでしょう。

当初から、安定的にメルマガ登録を取れているのは、SEOブログです。

でも、SEOブログで反応を出すのには、運不運もあるし、アフィリエイターの参入者が増えて、難しくなっているのは事実です。

ブログを書けば、100発100中でメルマガ登録をどんどん取れるブログを作れるということは、まずありえません。たとえプロでも、です。

そのために、この仕事をはじめても、思ったように結果が出せないと言って、やる気をなくしてしまう新人さんはたくさんいます。

そのような人に対して、「あなたのやり方は手ぬるい!」と、頭ごなしに言ったら、辞めてしまうでしょう。

5記事とか、10記事くらいのブログを作って、「こんなに頑張っているのに結果が出ません、どうしてでしょうか」という相談が来てしまうんです。

あなただったら、なんて答えますか?

とりあえず100記事くらいは、黙々と書いてもらって、キーワードの探し方、SEO上位を狙える記事の書き方を習得してもらいたいですし、さらにSNSを利用して拡散させる努力も、やっていただかないと話になりません。

マニュアルを読んでその通りにやったから、必ず反応が出るかといえば、そうではないのです。

私のグループでも、マニュアルはあります。しかも、トップアフィリエイターが、自分たちが結果を出してるやり方を、書いたものです。

でも、その素晴らしいものがあっても、読まない、わからないところをそのままにする、実際にやろうとしない、書いても他人に見せようとしない。

要するに、大半の人には、真剣に取り組む姿勢がないのです。

だから、相手のためを思えば、伝えるべきなのです。

「あなたのやり方は手ぬるい!」と!

それを、どうやって上手に伝えるかが、ネットMLMの場合のダウンフォローがの上手い下手なんだと思います。

基本は、真剣な人には厳しいことが言えるが、ちょっと一枚嚙んだだけくらいの人には、何も言えません。

しかし、それは仕方がありません。

本当にビジネスを自分の仕事として本気で取り組む人を、ネットで見出すというのは簡単なことではないからです。

ですから、つい、厳しい言葉より、甘々の言葉で、接してしまうということがあります。

仲良く、メンバー通しの交流で楽しんで貰って、その間に製品で体感を出してもらい、ビジネスで成功しなくても、ほかのことで満足してもらえれば。。。という思考にだんだん落ち着いてしまうのです。

ネットの場合より、リアルのネットワークビジネスは、このあたりが露骨に出てしまうようです。

組織のトップの人たちが、殆どそうなってしまったら、そのネットワークビジネスは、もう大きく広がることはできません。

ネットワークビジネスの収入は、組織の大きさに関連していくので、組織を持っている人は、購入者が減らない限り収入を安定して受け取ることができます。

だから、その収入を減らさないため、守りに入ってしまうんですよね。

例えば、アップが月末にダウンに電話をかけて、製品を購入するようにノルマをかけるとか、セミナーに半強制的に参加させるようにいうとか、です。

そうせざるを得ないのは、さっき言ったように、自分自身にもノルマがあり、一度手に入れた立場を失い、収入を減らす訳にはいかないからだと思います。

私は、このようなネットワークビジネスで、巡り合った人同士がみんなで笑えるようにするにはどうしたらいいのか、そればかり考えています。

最近、自分なりに正解を出しましたので、そのことは、後日記事にしたいと思います。