バイナリーだからできること、できないこと

ADSが推奨するMLMの報酬プランが何かというと、バイナリーというもの。

最近のネットワークビジネスの傾向として、報酬プランはバイナリーが圧倒的に多い気がします。

その理由は、何だと思いますか?

理由は簡単、人気があるからでしょうね。その人気の秘密は、あとから説明しますね。

 

バイナリーとは

バイナリーとは、組織を伸ばしていく場合に直下につけられるのは二人だけで、右に一人左に一人しかつけられません。

この説明で、わかるのかな・・・

普通、直接紹介を出したら、その人は直ダウンとして登録されるのですが、バイナリーの場合は、二人までしか直下につけることができず、三人目の人は、先の二人のどちらかの下につけなければなりません。

まあ、バイナリーに慣れればそれが普通になるのですが、そこが、ほかの報酬プランとは大きく異なる点です。

バイナリーの良いところは、何もしなくてもダウンがつく、場合があるということです。

自分の紹介者が、つぎからつぎへ紹介を出せるような人だったらどうなると思います?

ウハウハですよね。

あたかも、ダウンが降ってくるような現象が起きます。

これが、バイナリーの人気の秘密なのでしょうね。

紹介を出す自信のない人でも、応援してくれるアップがいるならやってみようという気になりやすいでしょうから、スポンサリングもやりやすいでしょうね。

まとめると、

バイナリーの報酬プランのメリットは…

  • 上からのスピルでダウンが増える
  • 大人数をリクルートしなくてもよいので始めやすい
  • 人気がある報酬プランなのでリクルートしやすい

 

バイナリーなら何もしなくても儲かるの?

では、何もしないでダウンが降ってくるのを待っていれば儲かるのでしょうか。

残念ながら、そうではありません。

自分から伸びる二本のラインのうち、スピルで伸ばして貰えるのは片側だけなのです。もう一方は、自分で紹介を出さなければなりません。

ですから一人も直紹介を出せない人は、バイナリープランであっても儲けることはありません。

まあ、片側だけでもダウンが増えれば、悪い気はしませんけどね。

そこもバイナリープランのメリットですね。

上からのスピルでダウンが付けば、ダウンも気を良くしてやめにくいということもあるでしょう。

スピルでつけたダウンは、組織につなぎとめる鎖のような効果があるのではないでしょうか。

 

ADSのプラン

ADSの場合、スピルは自動的に決まるわけではありません。

自分がつけたいところ(自分にとって都合のいい場所)につけることができます。

そうなると、裏では「えこひいき」もあるでしょうね。

(ということは、私のような生意気なダウンは損をする訳です。)

でも、それは気にしていたらきりがありません。

平等という言葉は、辞書と六法全書の中を除けば、現実の世の中には存在しない幻なのですから…

 

直紹介を4人出せば、月々の会費が無料

私が、このビジネスに魅力を感じたのは、プランではありません。

ネットワークビジネスでありながら、会費をなくすことができることです。

あまり詳しく書くことはできないのですが、

4人の直紹介を出した後は、延々と会費を払い続ける必要がないので、その後は、「ノーリスク、ハイリターン」のビジネスになります。

これってすごいと思いませんか?

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法