アリの一穴~ADSが崩壊するとしたら、何が原因か

ネットMLM の将来を考えると、ADSが嘘だ、詐欺だと悪い評判が立つようなことは、何とか阻止したいと思っている近藤です。

私は今、ADSには二つの大きな問題点があると思っています。

  • 一つは、広告の内容が事実に反しても、とがめることがない
  • 二つ目は、メンバーの増加にスタッフの増員が追い付いていない

 

無責任な広告が出回る

ADSの真髄は、MLMの分業化。

つまり、リストを収集する人(アフィリエイター)と、クロージングをする人(クローザー)と、ダウンにビジネスを指導する人(講師)とが、まったく別人になっています。

であるから、アフィリエイターは、リストを集めるためにどんな手段でも使おうとするわけです。

裸のような写真を載せて、「私と海外に行きませんか?」なんて、出会い系のような広告を出しても、それを管理してとがめる人はいないのです。

これは、ADSの問題というより、参加する人間のモラルの問題です。

(ほんのわずかな人が、こそこそモラルを守らないで宣伝することで、ほとんどのまじめなADSメンバーが大迷惑を被っています。)

また、裸にならなくても、誤解させるような宣伝を打つのも問題です。

広告はそもそも、メリットを強調して、デメリットを隠すのは当たり前なのですが、それをやりすぎると、評判を落とすことがあります。

ADSは無料、ADSは海外旅行にただで行ける、コピペだけでダウンができる、数か月で会社を辞められる、云々。

これらはまったくの嘘ではありません。

でもこれを経験できる人は、相当な努力をした人だけ、ADSに入ればもれなく経験できるメリットではないのです。

広告にしても、ブログにしても、やや大げさに情報を誇張するのは普通のことですが、やりすぎるのは問題。

この問題は、現在、メンバーが互いに見張りあい、上に報告して注意してもらうという方法を取っています。

これがもう一歩進んで、ある程度のルールを作ってもらう必要があるのではないでしょうか。

嘆かわしいことですが、近いうちそうなるでしょう。

私のブログも、注意を受けるかもしれませんね~~赤裸々すぎる

気を付けないと…

さて、もう一つの問題点は。。。

 

クローザーや講師の数がメンバー増加に追い付かない

MMの分業化は、メンバーが少人数のうちは、良いバランスが取れていたと思います。

でも、メンバーが爆発的に増えてきたために、クローザーや講師が常に足りないという事態に陥った…

ぶっちゃけ言って、ADSは、中途半端な情報で誘って、クローザーにバトンタッチするシステム。

このビジネスについて、LINEやSkypeの無料通話を使って、しっかりと説明をして納得させて参加させるには、短時間では無理です。

一時間で納得すればいいほうで、数回かけてクロージングをかける必要もあるでしょう。

それを、一人で月に数十人を相手にしているとしたらどうでしょう。

正直言って、今も、ADS入会希望者は大変多く、行列をなしているのです。

しかも、その数はどんどん大きくなっていっています。

arrow-1295953_640

クローザーの負担を、これ以上増やしたら、ADSのMLMの分業は事実上崩壊するのではないでしょうか。

もちろんADSはクローザー・講師の育成を、目下、最重要課題として取り組んでいます。

 

第二のADSを成功させるために

今、あちこちで、ADSの二番煎じのシステムが立ち上げられているそうです。

当然のことです。

過去は未来のために、倒れていく運命にあるのですから・・・

 

もしこの記事を読まれてる方で、

第二のADSシステムを作ろうとしている方がいたら、上の二つの問題点を何とかクリアにして行ってください。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法