ADSは再現性100%なのにダウンができない人がいる理由

ADSは再現性100%だというのに、自分はダウンができなかったといって、ADSを去っていく人がいます。

その方たちの言い分は、わからないでもありません。

でも、その方たちにダウンができなかったのは当たり前。

認識が甘かったから!

これから、そのことを証明していきましょう。

宣伝ページは、何度もリニューアルしていますが・・・

初期のLPに、ヘッダーの下に動画があって、その下にこんな画像があります。

1

ADS申し込み数、というのは、無料でメルマガを登録した人間のメールアドレスの数、

成約数は、そのうちのADSに入会した人の数。

成約率は、成約数をADS申し込み数で割った数です。

それが、成約率なのです。

ここから導き出せることは、ADSでダウンを一人獲得するためには、

少なくともADS申し込み数を

15人は出さなくてはいけない

ということなんですね。

実際には、もっと必要です。

なぜなら参加者の中には口コミで入った人も多いから。

なんだーーーって、がっかり声を上げた人もいるかもしれません。

でも、インターネットのビジネスにおいて4~5%の成約率を出せたら、すごい数字なんですよ。

だから、村井さんは、この6.8%の数字を得意げにLPに載せているわけです。

さっきも言った通り、15人は最低ラインです。

6.8%でメルマガ登録を15人取って初めて成約の可能性が出るのですが、もし15人取ってダウンができなくてがっかりするといけないので、安全を見て4%で計算しましょうか。

成約率4%だと、25人は必要です。ADS申し込み人数は25人必要です。

25人のメルマガ登録を集めてダウンができなかったら、

ADSは嘘つきだ、詐欺だ といってもいいと思います。

そこまでやらないでダウンができないと言ってADSを去った人たちは、

はっきり言って、

どこに行っても成功できません!!

ちなみに、ブログ集客でダウンを取っていたときは、成約率はやっぱり5%でした。

純粋にインターネットだけでMLMを展開しようとした場合、そんなとこじゃないですか?

その数字が厳しいと感じる方は、ネットは人脈を得る手段だと考えて、口コミの手法も取り入れていったほうがいいと思います。

もちろん、ADSはそのやり方も教えています。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法