国民年金だけで生活できない日本~生活保護かネットワークビジネスか

国民年金の人が、65歳からもらえる年金とは、いくらくらいかご存じでしょうか。

その年金額ではとても生活できない

f:id:mlmwork:20190829072542j:plain

40年間、国民年金の保険料を全額支払うと、65歳から満額の年間77万9,300円が支給されます。だいたい1ヵ月当たり6万5,000円が受給できる上限ということですね。

未納金があると減っちゃうから、もっと少ないのが普通です。

満額もらったとして、65,000円のうちから、国保の保険料、住居費や光熱費、医療保険、医療費など支払っていくと、食費などの生活費は残るのでしょうか。

年金以外に収入がない一人暮らしの人だと、国保の保険料は3050円、住居費は公住に住んで、医療保険が5000円、光熱費も抑えに抑えてキツキツの生活でも、通信費は格安simで2000円に抑えたとしても、生活費として残るのは1万円くらいです。

食費や洗剤類やペーパー類、ラップやごみ袋等、細々とした必需品を全部ひっくるめて1万円で足りる人っているのでしょうか。

年金しか収入がなくて、貯金も何もない場合、生活保護を受けるしかないという感じですね。

年金と生活保護は同時に受給できる?

f:id:mlmwork:20190828152000j:plain

年金事務所で話をお訊いて、、、と思ったけど、ブログのネタのために忙しい年金事務所の人に相談に行くのは、さすがにまずいよね。

年金をもらっていても、その金額が生活保護の生活扶助基準に達しない場合、差額分の生活保護を受けることができます。

だから、ネットで調べてみました。

実際にもらえる受給額(概算)

面白いサイトです。地域と年齢を入れるだけで生活保護の受給額が出てしまう

seikatsu-hogo.net

これで計算すると、生活保護費は、じゃーーん!

苫小牧の一人暮らしの人の生活保護は、

102,110円 だそう。

ここから年金の分の65,000円をひくと、

37000円 を受給できそう。

それでも生きるのにギリギリですよね。

ちなみに、生活保護を受ける人は、医療費や介護の費用、葬祭費、また杖やメガネ、コルセットの費用、おむつ代、通院の交通費なども、全部ではないけど負担してもらえるらしいです。

だから、なんとか生活はできそうですね。

でも

旅行をしたり、おいしいものを食べに出かけたり、おしゃれを楽しんだりできない生活で満足できますか?

人並みの老後を送るには

 

人並みに喜びの多い老後を送りたいと思うなら、生活保護をもらうことは考えない方がいいかもしれません。

でも、そうするならば、悠々と老後を送れるような収入を確保する必要がありますね。

そのためには、働ける今のうちに権利収入的な収入の柱を増やすことが必要です。

だから!!

お金がない人は、 ネットワークビジネス なんです!

タイトルとURLをコピーしました