【閲覧注意】ネットワークビジネスと離婚の関係について考えた

 

ネットワークビジネスによる離婚ということがあるそうです。

どこでもネットワークビジネスには付きまとう問題だそうです。

 

成功して離婚するケース

ネットワークビジネスで成功して、お金持ちになって時間出来ると、やりたいことが出来るようになる。夢のようです。

しかし、お金の問題や時間の問題がなくなると、欲に走るというのは人間の常ですよね。

DTどうし、ビジネスパートナーとして、苦楽を共にして成功した二人が、いつの間にか一線を越えるという事もあるかもしれません。

双方が、セミリタイアしてしまったら、一直線に不倫関係に向かって走りだす。

ネットワークビジネスが悪いのではないですね。

不倫は、男女が出逢えば、いつでもどこでも起こりうる事なのですから。

lgf01a201406211500

でも、そんな熱情は、すぐに覚めます。

誰かを不幸にして、勝ち取った幸せなんて、長続きしないと思うんです。

もし、あなたの旦那様が、誰かと駆け落ちしたとしても3年待っていれば戻ってきます。

十数年、共に過ごした夫婦は、取り換えが利かない唯一のベストマッチなのですから。

 

借金して離婚するケース

ネットワークビジネスに熱心になるあまり、借金をして、家まで売り払い、離婚してカード破産という人も、いたようです。

ネットで事細かに、友人の転落の様子を書き込んでいる方がいました。

コメントには、「あなた、本当にその人の友達なの?」との書き込みがありましたが、その人は、ネットワークビジネスにはまる人間への警告のつもりで書いていらっしゃるのでしょう。

もし借金が問題ならば、二人してカード破産して、一から出直しをするというのもよい解決方法だと思います。

 

ところで、ネットワークビジネスには、二つのタイプがあるのをご存知でしょうか。

一方は、販売型といいます。自分で何十万という買い込みをして、代理店とか、ボーナスを得られる資格を持つタイトル保持者になることが出来るMLMです。

もう一方は、購買型といって、買った製品を他人に販売ができないMLMです。当然、定価の何パーセントオフというDT価格はありません。

タイトルを上げようとして、その月無理をして余計に買って月間ボリュームを上げても、継続できなければ一時的な収入アップで終わります。

だから、購買型では、ばかばかしい買い込みをする人はいません。

この購買型の長所は、在庫がたまらないこと、借金しなくても継続できること、継続できるから成功しやすい事です。

今はこちらに人気が集まっているようですから、これから先、購買型のビジネスが増えるかもしれませんね。

 

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法