ネットワークビジネスの成功を阻む3つの壁とは?

ネットワークビジネスに参加する人は、100%成功したくて参加するのではないでしょうか。

でも、いくつかのステップでつまずき、結果的に失敗してしまう人がいます。

その失敗に至るステップとは、一体何なのでしょうか。

簡単に分ければ、この3つに分けられるのではないでしょうか。

・ ダウンができなかった、
・ ダウンは出来たけど、組織ができなかった、
・ 組織ができたけど、あまり収入にならなかった。

なるほど、

ビジネスの入口で諦める方もいれば、そこそこいいところまでいって諦める方、はたまたせっかくリーダーになったのに組織を潰してしまって諦める場合があるようです。

でも、これは、他人事ではありません。

以上に挙げた3つの壁は、ネットワークビジネスに参加したすべての人が経験しなければいけない壁です。

成功するには、それを乗り越えて、成功していかなくてはいけないのです。

あなたも、ネットワークビジネスで成功したいと思っておられるなら、これらの解決策を知っておく必要があります。

ダウンができないという壁、組織ができないという壁、収入にならないという壁。どれも、本人にとったら深刻ですよね。
どうしたら、その三つの壁を乗り越えることが出来るでしょうか。

107-300x210

ダウンができない壁

ネットワークビジネスでは、紹介を出すことが出来ないと、一円も稼ぐことができません。

そのために、知り合いや、知り合いの知り合いに、手当たり次第に声をかける人がいます。

しかし、どんなに親しい友人であっても、ネットワークビジネスに対していいイメージを持っていない人は、拒絶反応を示します。

相手の拒絶反応を見て、初めてネットワークビジネスの厳しさに気づく人は少なくありません。

激しく罵倒されることもあります。

また、誘った友達の迷惑そうな表情を見たときも、悲しい気持ちになってしまいます。

そんな経験をして、ネットワークビジネスは自分には向かないと結論を下す人は少なくありません。

実質上、ビジネスをしない愛用者に、なってしまうのです。

この最初の壁で、失敗してしまう人は、別のMLMなら、成功できると考えるかもしれません。

別の製品なら、別のプランなら、別のアップなら、・・・

そうやって渡り鳥のように、次から次へMLM渡り歩くようになりますが、そういう方が、結局は業界のカモになるのではないでしょうか。

同じことを繰り返すのは、残念過ぎます。

 

ダウンは出来たけど、組織ができない

中には、お付き合いで商品を買ってくれる人もいます。

そういう義理固い友人は、本当に有難いですが、その人がビジネスをやるはずもありません。

ビジネスに少しばかり興味があっても、口コミはハードルが高く、なかなか実践できないという事もあるでしょう。

登録して貰っても、集めたメンバーが紹介が出せない人ばかりでは収入になりません。

さて、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

ネットワークビジネスでは、5人の真剣なメンバーを見つけなさいと言います。

私も、それを聞いて、「5人くらいなら楽勝じゃん」と考えて、ネットワークビジネスに参加しました。

でも、積極的にビジネスをする…サラブレットのような人には、滅多に出会えません。

これが、ダウンができてもアクティブな組織ができない原因です。

この対策は、どうしたらいいのでしょうか。

それは、現実を受け入れることです。

一人の積極的なメンバーに出会うためには、何十人ものメンバーをリクルートしなければならないことを覚悟するのです。

そのような見方をすれば、リクルートした人たちのなかで、もっとも見込みのある人を選び出して、そこに集中してサポートする事ができます。

そうやって、サラブレットを強くして、戦力に育てていくのです。

組織を作るのは、気が遠くなるほど、たいへんな仕事です。でも、5人の真剣なメンバー(サラブレット)を育て上げたら、素晴らしい報いがあります。

そのときに、レバレッジとか、てこの原理と呼ばれる状態になるのです。

 

組織ができたけど、あまり収入にならなかった

組織ができたのに、あまり収入にならなかったという人は、恐らく、頭数だけを見て、組織ができたと思ってしまった人でしょう。

でも、それが愛用者だけの組織だったり、メンバーをフォローする努力を怠った場合、深堀ができませんから、収入は、あまり増えません。

どのMLMでも、それぞれ報酬プランを説明するための収入シュミレーションが用意されていると思います。

それを見て、ダウンラインがどのような形で伸びていくと、効果的に収入になるのか、考察してみるといいかもしれません。

積極的なダウンを重点的にフォローするなど、目的を持って活動するようになれば、収入が増えていく対策を思いつくかもしれません。

あなたを信じて、MLMに参加してくれた人たちが、大勢いるのであれば、その人たちのためにも、アクティブな組織に変化させるために努力しないともったいないです。

 

組織を育てるには、個人の努力だけでは足りない?

以上のことから、ネットワークビジネスで成功するためには、集客、ダウンフォロー、リーダー育成ノウハウが必要だということがわかりましたね。

やはり、以上の3つのノウハウがないビジネスを、ぐるぐる回って歩いても結局同じ失敗を繰り返すだけだと思います。

・ 集客のノウハウ
・ メンバー育成のノウハウ
・ リーダー育成ノウハウ

これらが完備されたネットワークビジネスなら、可能性があります。
ダウンができない人には、ダウンがいる人が羨ましいですが、ダウンができただけで、大喜びしていてはいけません。

レバレッジが効く組織を完成されるまでの間は、誰も手をぬくことはできないのです。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法