口コミで成功する人は、あなたのしていない○○をしている

ネットワークビジネスで口コミをしようとするとき、誰でも、出来るだけごく自然にしなくっちゃと思いますよね。

でも、どんなに慎重にしても、聞く側は、「私を利用するんじゃないの?」と言う不信感が先にきてしまいます。

 

また、「この話に乗っかると、何か悪いことに関係してしまうのではないか?」という不安感をもつ人もいます。

 

ネットワークビジネスの場合、話を聞いた人が、製品やビジネスを通して良くなって行くと言うことをイメージしてもらうことがまず先決なのです。
とにかく、一流の企業だからすごいですよ。きっと成功します。

なんて、いくら言っても意味がありません。

でも、あなたの話を聞く人は、本当はそのような事は、どうでもいいことなのです。

「本当にこの製品は自分にとっていいものなのかどうか?」とか、「本当にこのビジネスをやっても良いのだろうか?」ということに、関心があるのです。

そう、人は自分にメリットがあるかどうかで判断するんです。そこに、喜びや期待という感情が先にくるんですよ!

それを確信するために理屈が次にくるのです。
このことを知っているかいないかが口コミではとっても重要です。

よく女性の方が「この製品使ってみてとってもいいんだから!!」と言って、理屈抜きにお客さんを作っていますね。

そして、ミーティングなどで、詳しい製品の説明をしたりビジネスプランを話したり、体験談を聞かせたりします。

そう、自分が買った製品がいいものかどうか、自分が携わったビジネスがいいかどうかの確信付けは、どちらかと言うと後でいい、というか、必要になるのは後なのです。

ネットワークビジネスにおける口コミは、主力製品の製品知識と簡単なビジネスプラン(チョット努力すれば実現可能なシュミレーション・収入の取り方)とさらに、相手をいかなる場合でもサポートしていくと言う姿勢がきれいに見えたときに成功していきます。

あらゆる面で、ちょっとでも不安な情報を与えると、なかなか口コミは成功しません。

とにかく最初のハードルである不信感と不安感を取り除き、安心感と信頼感を与えることが大切になります。
理屈はその後です。

オンラインの場合は初対面の方ばかりです。
最初は不信感と不安感のかたまりです。

これを取り除くことはオフラインの数倍の努力が必要です。
自分をさらけ出し、誠意を見せることで安心感と信頼感を与えます。

こう言えば大変そうですが、正直に対応するだけです。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法