ネットワークビジネスは誰でもできる~ローリスクハイリターンの真偽とは

ネットワークビジネス誰にでもできるビジネスです。

その意味は、特別な資格もいらず、年齢や学歴など満たすべき条件も何もなく、誰でも製品を購入しさえすればできるということです。

また、特にまとまった資本もいらず、誰かに管理されることもなく、当然就業規則もない。

ネットワークビジネスは、どんな境遇の人でも始められるという点で比類のないビジネスです。

 

このネットワークビジネスのことを、難しいビジネスだという人は、自分で事業を起こした経験のない人かもしれません。

自分で事業を起こしたことのある人は、MLMの起業が難しいなどとは感じません。

なぜなら、ネットワークビジネスにはリスクがあまりないからです。
リアルに事業を始める場合、普通は、大きな投資が必要になります。

これは、わざわざ説明するまでもないですよね。資本金のない人は、大きな借金を抱えるしかありません。

そうなれば、失敗した時の損害は、大変なものです。

それに対してネットワークビジネスのリスクは、自己消費分の製品代だけですよね。気に入って愛用できる商品であれば、何もリスクではありません。

考えてみてください。

自宅で起業し、わずかな商品を継続して購入するだけ。

従業員を雇う必要もありません。

最近は、通販型のネットワークビジネスが多くなっていますから、あなたは注文を取ったり、製品を配達する必要もありません。

購買型のネットワークビジネスは、お客さんが勝手に会社に注文して、会社から直接配達して貰う方式だからです。

販売するわけではないので、何も手がかかりません。しかも、報酬だって会社の方で計算してくれて、毎月あなたの口座に振り込んでくれる。

帳簿を付けることもない、請求書も書く必要もない、自分は銀行から引き出して使うだけです。

このように、ネットワークビジネスは、事業として大きなリスクもなく、投資も最小で済み、成功しても管理はとても楽です。

じゃあ、なぜ、ネットワークビジネスは難しいといわれるのでしょうか。

ネットワークビジネスで成功するために、難しいのはただ一つ、お客さんを見つけてダウン組織を作る事ではないでしょうか。

難しいと感じる理由はいろいろあるでしょう。

自分は性格的に、内気で口下手だから、口コミしたくても人脈がない、頑張りすぎてトラウマになった、

あるいは、自分はできるけど、ダウンができない、稼げないダウンがさっさと辞めていってしまう。

つまり? 広げる方法が問題なんですよ。

ダウンを次々、獲得できる方法を見つければ、ローリスクハイリターンの起業の出来上がり~~

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法