余暇を寝て過ごすおとうさんにならないために

画像の説明

日曜日に、座敷ぶたと呼ばれるようなお父ちゃんは、
「疲れているんだ!日曜日くらい寝かせてくれーーー!!」というけれど、本当に働きすぎで疲れているのでしょうか。

こんな人でも、不倫でもしようものなら、朝からシャワーを浴びて、念入りに歯磨きをして、おしゃれをして出ていきます。

本当は、エネルギーは有り余っている…

彼は、日曜日以外の日だって、女の子とデートしたり、ゴルフやパチンコをしていたいんです。

でも、自分にはお金もない、予定もないから、何もしない。

出来れば、平日だって何もしたくない。  

でも、会社に行くしかないから嫌々会社に行っている。

会社に行くのは、誰のため?

ホームローンのため、カーローンのため。

ひっくるめると、家族のため。

だから、日曜日は、寝て過ごす。

その心理は、平日は家族のために会社に行っているんだから、日曜日くらいは、家族のために何もやるものかと心に決めているのかもしれんね。

子供は、そんなお父ちゃんを見て、なんと思う?

「なまけもの」「自分勝手」「家族を愛していない」

子供がそう思うのは、お母さんがそれを教えるからなんだよね。

子供は、成長するにしたがって、いろいろ矛盾を感じるようになります。

お父さんは、毎日あんなにくたくたになって働いているのに、うちが貧乏なのはなぜだろう。

男の子は、「会社員になったって、いいことないな」、と思う。

女の子は、「結婚したって、幸せにしてくれる訳じゃないんだな」、と思う。

少子化、結婚しない若者、家庭内暴力、離婚が増える、など、家族の問題は、こんな子供たちの幼い時代の環境が、原因かも知れません。

考えてみると、かわいそうな存在  

おとうさんがくたくたなのは、疲れているからじゃなくて意欲がないからではないでしょうか。

つまり、寝ること以外に、やりたいことがないだけ。

会社に通うのは楽とは言いませんが、日曜日に疲れて動けなくなるほど疲れるはずはありません。

人は、誰でもすごいエネルギーを持っているものなんだもん。

そもそもエネルギーって、ガソリンみたいに使えば減るものじゃないんです。

むしろ、使えば使うほど、エネルギーは増していくものなの。

ハイブリッド車みたいに。

でも、やりたくないことや楽しくないことばかり、我慢してやっていると、だんだんエネルギーが減ってくるんだよね。

うつ病になるのは、殆どそんな人たち。

そんな人たちが意欲を取り戻すには、何か価値のあると思えることを始めるのが一番いいんです。

子供のためとか、奥さんのためじゃなくて、自分にとって価値のあることでないと、ダメなんです。

ある人たちは、ネットビジネスに意欲を掻き立てられ、自分の好きなことを好きなとときにできる自由を手に入れました。

夢のために働く

タイトルとURLをコピーしました