人生は複線化が重要

画像の説明

副業禁止でも、複線化は可能  

複線化って、線路の話ではありません。人生の複線化。

日本のサラリーマンは、副業が禁止というところがあります。

でも、副業ができなくても、他の顔を持つことができます。

人間の価値は、お金を稼ぐことだけじゃないから、会社員の顔だけではなく、いろいろな方面で自分の居場所を持つのって素敵じゃないでしょうか。

PTAに参加したり、少年サッカー、少年野球の監督をしてもいいですね。

それが、複線化するということです。

え!? そんな暇じゃない?

つまり、お金にならないことに時間を割くほど、暇ではないという意味ですね。

確かに、寝る時間さえ不足しているほど忙しい人もいるでしょう。

でも、少しでも余裕があったら、僅かな時間でいいので何かに参加してみると、新しい世界とつながることができます。

もしかしたら、お金を稼ぐこと以上に喜びややりがいを感じる世界を発見できるかもしれません。

犬の散歩をしてみるだけでも、愛犬家たちの仲間になるチャンスがあるかもしれません。

釣りバカ日誌の浜ちゃんが、人気があるのは、彼が釣りバカだからですよね。釣りバカだからこそ、彼は、愛され尊敬され、頼りにされているんですよね。

会社員としての肩書は、平社員でも、社長が彼を師匠と仰ぐところが、あのマンガの痛快なところです。

会社での肩書は、会社から一歩出たら、なんの価値もありません。

どこに行って誰に会っても、自分はこういうものなんだって、胸を張れるような個性溢れる人間になることが、世の中で最も大事ではないでしょうか。

その人は、きっと、リストラで会社を首になっても凹まないし、うつ病になったり、自殺するようなことはないでしょう。

なぜなら、心配してくれる人が、周りにたくさんいるのですから…

それに比べて、余分なことを一切しない人、寂しいですよ。

たとえば、

家では寝てばかり、子どもと遊ぶのもめんどくさい。

近所の人にあいさつもしない、地域のお付き合いも妻に押し付けている

妻をほめたり、ありがとうをいったり、話を聞いてやる暇もないような人って、確かに楽でしょう。

でも、それで幸せなんでしょうか。

逆だと思うんです。

人間は、無駄と思えることを、すればするほど幸せになるんじゃないのかな。

そう思えて仕方がないんです。

あなたは、別の顔、持っていますか?

新しい自分を見つけませんか?

タイトルとURLをコピーしました