一度でも事業主を経験するとサラリーマンはできない

f:id:mlmwork:20190827174250j:plain

わたしは、4回結婚したって、以前に云いました。

夫は、一人が準公務員のサラリーマンで、一人が焼き鳥屋の大将、
もう一人が、元社長で後にサラリーマンになった人で、
最後が、土建関係の自営業者。

妻として、サラリーマンの妻が気楽でしたね。

でも、一度事業主を経験した人がサラリーマンになると、不満が多くて我慢が出来ないみたいでした。

親がサラリーマンで、子供がサラリーマンになった場合は、それほど、不満をいだかないようでした。

やはり、一度、従業員を雇う立場を経験すると、雇われる側になるのは、面白くないのかなあと思いました。

もしかしたら、自分なりの社長のあるべき姿というものがあって、その理想とかけ離れた社長の言動を見ると、腹が立つのかもしれません。

自分が給料をもらう立場にありながら、気持ちの中では、自分は社長と対等なのね。

本当に遣いにくい社員です。

面白くないことがあっても、直接上に云えないので、そのむしゃくしゃを家族にぶつけるようなことも、たまにありました。

個人の性格によるのでしょうが、一度事業主を経験するとどんなに落ちぶれても、サラリーマンにはなれないんじゃないかな、と思う所以です。

でも、これはわたしのようなネットワーカーも、同じかもしれませんね。

ネットビジネスだけで、十分食べられる収入になっても、あまり焦って仕事を辞めない方がいいかもね。

不労所得といっても、ビジネスには波もあります。

よく言われるのは、必要な収入の二倍は稼げるようにならないと安心はできないということです。

確かに、それくらいの好不調はあると思いますね。

タイトルとURLをコピーしました