スマホからのアクセスが過半数を超えた今

f:id:mlmwork:20190827174110j:plain

 

スマホユーザーが過半数を超えて、いよいよレスポンシブデザインのランディングページが、必要になってきました。

その発端は、2015年4月21日。

google検索のアルゴリズムに「スマホに対応していること」が含まれることになりました。

スマホ対応にする事をモバイルフレンドリーと言います。

WEBデザイナーの方たちは、このモバイルフレンドリーの作業で忙しくしているようです。

何でも、CSSスマホ用・タブレット用のCSSを用意することで、HTMLひとつで、それぞれのディスプレイサイトに合せてホームページを作る事ができるらしい…

うーーん、意味がわからん~~

わたしたちは、その対策として、ワードプレスを利用してきました。

WPのテーマは、プラグインでレスポンシブデザイン対応できたからね。

最近は、プラグイン不要で、モバイルフレンドリーのブログが出来るテーマがたくさん出ているし、特にスマホ対応を強調したのものが新デザインとして登場しています。

その中には、ランディングページを作ることが出来るものもあるみたいですね。

画期的~~

ただ、わがままを云うと、

スマホから見てかっこよく作っても、PCからの見たデザインが、きれいに行かないのが、少し残念な気がします。

わたしが、このhaikを使っているのは、HTMLをかけなくても、きれいなデザインが出来るからですし、ワードプレスも、そのような目的で遣われていると思います。

でも、このように簡単になればなるほど、オリジナリティはなくなっていくのかもしれません。

このQHMのhaikは、ブログを書くよりも簡単で、ブログ以上にいろんなことができます。

レンタルサーバーを契約するのにかかる費用は、無料のところもありますし、300円程度の安いところがあります。

デザインも無料のものもあります。

もちろん、完全にレスポンシブデザインで、画面に合わせて表示が変化します。

ランディングページも、作れます。

ところで、ワードプレスやhaikを導入しなくても、無料ブログでレスポンシブデザインのブログを作ることができるそうです。

一年くらい前に、seesaaブログに、新デザインを選択できるようになったのですが、そちらは、アイキャッチ画像がつけられて、レスポンシブ対応です。

やったーー!!さすがseesaaと思いましたね。

実際、どのようなブログになるのか、体験してみようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました