成功者の考え方は、どうやって身につけるのか

 f:id:mlmwork:20190827172418j:plain

 

人生の方程式という話を、聞いたことがあると思います。

人生は仕事の成功は、「能力」×「熱意」×「考え方」であるというもの。

この中で、一番大事なのは何か知っていますか?

この方程式を紹介したのは、稲盛和夫氏ですが、彼の別の本によると一番大切な順番は「考え方」「熱意」「能力」となっています。

考え方とは、何でしょう。

きっと誰でも、最初に頭に浮かぶのは、「ポジティブな考え方をする」ということでしょう。

世の中には、そうあるべきとわかっていても、そうできないことという物が無数にあります。

ポジティブシンキングもそのうちの一つです。

日本ではプラス思考とも云いますね。プラス思考とは、物事を肯定的な方向に捉える考えを行う傾向。

ポジティブになれないと成功できないのか          

ポジティブな人間になろうと思っても、なかなかなれないという人がいます。(笑)

そういうことを云うのが、そもそもネガティブな考え方なのですが…

自分にとって、面白くないことや悲しいこと、残念なことが起きた時、それを、ため息交じりにぐちぐち云うのは、誠に見苦しく見えますね。

でも、それが普通の人間です。

でも、成功した人間は、それを「チャンスの予感」「長い目で見ればメリット」であると考えるのです。

成功者は、どうしてそのように考えられるのでしょうか。

なぜなら、それが真実だと知っているからです。

成功者も、若くて未熟な時には、ネガティブな気持ちになって、頑張るべきところで仕事を放り出したり、やけ酒を飲んだり、人を殴ったりしたかもしれないんです。

その時、成功者の本を読んだり、上司や親友に励まされて、「あ、そうだな」と気づいて、また頑張り始めたりしたはずなんですよ。

そして、成功してはじめてわかったんですよ。

  • 確かに、ピンチはチャンス。
  • あの失敗は、あの時自分には必要な経験だった。
  • あの人は、ソウルメイトだった
    (わたしに必要なことを教えるために存在した)

わたしは、どうしてもそう思えてなりません。
(生まれつきポジティブな人なんて、いないと思うの。)

では、成功していない人は、ポジティブになれないということ?

自分が必ず成功すると信じていれば、こう考えることができます。

このことは、数年後の自分の目にどう映るだろうか。
成功するためには、これは必要な経験だったのだ。

自分は、経営者として成功できないと思うなら、大きな出世を望まず、普通の暮らしを全うするのがいいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました