日本におけるネットワークビジネス

f:id:mlmwork:20190827232353j:plain

 日本で最初にネットワークビジネス企業が設立されたのは、
1969年4月だと言われています。

それが、先ほど紹介した「スワイプ」、現在のネイチャーケア・ジャパンです。

第一次ブームは1973年から74年、当時は3大マルチと呼ばれた
APOジャパン、ホリディ・マジック、
邦人資本のジャッカーチェーンが活躍していました。

この初期のビジネスの特徴は、販売登録や上級販売員に昇格するに
当たってその都度高額な「登録料」が必要とされていたこと、
商品の販売をしなくても販売員をリクルートするだけで
「スポンサー料」が得られる仕組みになっていた事です。

つまり、商品の販売というより、人を勧誘することに主眼を置いた
マネーゲーム的要素が強かったという事ですね。

ついには、マルチ業者は300~500社、被害者は100万人ともいわれる
状況になりました。

日本に、「マルチ商法=悪」という図式が根付いたのはこの時期のようです。

私、中学生だったわ!全然、知らなかった・・・

その後、1976年に、訪問販売と通信販売も含めた無店舗販売
取り締まる法律「訪問販売等に関する法律」(後の「特定商取引法」)が
制定されました。

それで、当時のマネーゲーム的要素の強かったネットワークビジネスは、
連鎖販売取引」として規定されて、法律の厳しい規制を受けることに
なりました。

結果、三大マルチと呼ばれた問題企業は崩壊しました。

でも、その企業の関係者たちによって違法なマルチ商法は何度も出現し、
再び社会問題になっていきました。

その後、第二次ブームは80年代前半に起き、日本シャクリーが1975年に、
日本アムウェイが79年に営業活動を開始しました。

その反響は大きく、参加する人はもの凄い勢いで伸びていきました。

同時に、70年代に消滅した、マネーゲーム的要素の強いマルチ商法
再び現れて、消費者センターに苦情が殺到するようになり、それを受けて
法律が改正されて、悪質な業者が摘発されるようになりました。

第三次ブームと呼ばれているのがバブル崩壊後の90年代後半、このころ、
登場したのは、ハーバライフオブジャパンとニュースキンジャパンです。

この時も、マルチ商法による被害が再び増加して、徐々に「訪問販売法」は
繰り返し改正され、規制が強化されていき、
2001年には「特定商取引法」と改称されました。

こうやって歴史を詳しく見ていくと、ネットワークビジネスがどうして
嫌われるようになったのか、よくわかりますね。

団塊世代の人たちが、ネットワークビジネスにいい印象をもっていない理由は、
こういうわけなのです。

でも不思議ですよね。嫌う人がたくさんいる一方で、このビジネスを
こよなく愛する人たちがたくさんいるという事。

それがネットワークビジネスの魅力なんですね。

ネットワークビジネスを模倣した歴史に残る詐欺事件

ネットワークビジネスを模倣した詐欺事件として有名なのは、
フィリピンでの大規模なエビの養殖に関連した詐欺事件でしょう。

伝説のカリスマ詐欺師で有名な”黒岩 勇”、をあなたはご存知ですか?

黒岩 勇は、今年5月に懲役14年の実刑判決を言い渡されました。

彼は、フィリピンでの大規模なエビの養殖に関連して投資を募り、
2005から、逮捕された去年7月までに、約400万人から約600億円を
集めたとされています。

黒岩勇は、詐欺師としてカリスマといわれるのは、単にエビの養殖に
投資するように求めただけでなくネットワークビジネスの手法を用いて、
投資家がさらに投資家を募るシステムを導入したからかもしれません。

そのインチキ話の美味しい事、高額の出資金を集めた人は、
金額に比例して受け取る報酬の率も高くなります。

でも、その設定金額が高額であきれます。

5千万円クラスの人を紹介すれば、125万円ですって!
しまいには指導料の名目で月々最高2百万をもらえると宣伝。

黒岩 勇は、お墓を掘って1億円を隠していたとか、アメリカの銀行に
48億円を送金、息子も巻き込んでお金を隠していたようです。

漫画の世界みたいですね。(^^)

この黒岩 勇の行動が原因で、ネットワークビジネスが危険なものと
思われるようになったのではないかと疑ってしまいます。

お金持ちは、二度と投資で失敗したくないとネットワークビジネス
警戒しています。

今こそ、私たち普通の人間が
ネットワークビジネスでお金持ちになれるチャンスです!

f:id:mlmwork:20200219105502j:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました