ネットワークビジネスは海外移住後の仕事にももってこい

海外移住・日本脱出を真面目に検討する人が急増しているようです。

でも、移住先で仕事をどうするか、悩む人が多いようです。

ネットワークビジネスは海外移住後の仕事として、どうでしょうか。

その点、ネットワークビジネスは、製品が発送される地域であれば、世界中に顧客をもつことが可能です。

そう言った意味でも、ネットワークビジネスは、魅力がありますね。

そこで、日本人の移住先として最適な国・地域は果たしてどこか、ということが気になりますね。

財団法人ロングステイ財団で、調査したところによると、6年連続(2006~2011年)で日本人が住みたい国「世界No.1」に選ばれているのは、マレーシアだそうです。

最大の理由の一つは、日本よりも安い生活費(物価は約1/3)で、日本より高い生活水準を享受できることで、その他には、多民族国家で外国人を受け入れやすい土地柄であること、親日家が多く国民もフレンドリーであること、一年中常夏で過ごしやすいこと、衛生的で治安が良いこと、英語が通じること、医療水準が高く日本語対応可能な病院が多いこと、花粉症がないこと、地震・台風・火山といった天災がほぼないこと等、他地域から比べて数多くの魅力が人気の理由になっているようです。

マレーシアには住民税や相続税・贈与税などがないため、税制面において日本より有利です。例えば、日本とマレーシアは租税条約を締結していることから、マレーシアに“税法上の居住者”としてお住まいの方に支払われる年金は日本で課税されませんが、マレーシアの税法でも年金は原則非課税であるため、双方の国から課税されないという、大きなメリットを享受できます。年金の受取指定口座を海外(マレーシア)の銀行に設定することも可能です。

また、他国と比べて比較的簡単に長期滞在ビザを取得しやすく、外国人誘致に積極的であり、プール・ジム付の高級コンドミニアム(高級マンション)を安価で購入できることも、移住やセカンドハウス購入、日本脱出を検討する方には大きな魅力です。(マレーシア不動産情報サイトより情報をいただきました。)

なるほど、マレーシアに住もうかな。

海外移住に憧れる方は、更に増える一方のようです。

その他人気の移住先は、ニュージーランド、オーストラリア、シンガポールなどです。

最近、海外在住の方から、ビジネス資料を請求してこられる人も多くなりました。海外にいて、日本人とビジネスをすることも、インターネットなら可能です。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法