世界の法の日(9月13日)の目的と意義について

今日9月13日は、世界の法の日なんですね。知ってましたか?

「今日は法律の日なのよ!」と娘がつぶやくの聞いて、そんな記念日があったのかと、ネットで調べてみました。

日本の法律の日は、10月1日ですが、これとは別に、「世界の法の日」が確かにありました。

これが制定されたのは、1965年。

その年の9月13日から20日までワシントンで開催された「法による世界平和第2回世界会議」で、9月13日を「世界法の日」とすることが宣言されたと書いてありました。

しかし、提唱され可決されるまでに2年、可決されてから宣言されるまでに、更に2年、併せて4年の月日がかかったようですよ。

1961(昭和36)年、東京で開催された「法による世界平和に関するアジア会議」で「世界法の日」の制定が提唱され、2年後の1963年アテネで開かれた「法による世界平和第1回世界会議」で可決され、第2回世界会議で宣言されたものである。

この「世界法の日」は、何人も正式な法律以外に支配されることはないという「法の支配」を国際間で徹底させることで世界平和を確立しようという宣言が採択されたことを記念して制定された記念日なんですって。

聞けば当たり前に感じる、常識的なことですが、過去にはそれが守られていなかった歴史があったという事の証拠でもあると思います。

とても、意義深い記念日なんですね。

ネットワークビジネスの法律の話題につなげようかと思ったのですが、やめておきます。

ネットワークビジネスに関連する法律はいくつかありますが、またの機会に書きます。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法