ネットワークビジネスのsns利用法、企業の場合、個人の場合

lgf01a201406102300 

SNSを使って、ネットワークビジネスを加速させることは出来るでしょうか

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスのことですよね。ウィキペディアの説明では、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事と書いてありました。

簡潔すぎて、なんとなくピンと来ない解説ですよね。

さらに見ると、

代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして、日本最多の会員数を持つmixi(ミクシィ)、モバイル向けのGREE(グリー)、Mobage(モバゲー)、世界最多の会員数を持つFacebook(フェイスブック)、それに次ぐMyspace(マイスペース)、LinkedIn(リンクトイン)などがある。

こう言うと、なんとなく理解できたのではないでしょうか。

このSNSを使って、ネットワークビジネスを展開しようと思う人は結構いらっしゃると思いますが、ネットワークビジネスを禁止しているSNSには注意しなければなりません。

mixi、GREEは、ダメですよね。うっかりスパムなど送ったら、大顰蹙を買うことになります。

でも、Facebookは別です。

企業も個人も、盛んに利用しています。公式ホームページの方は、工事中のまま放ったらかしで、企業としてFacebookに書き込んでいる会社もあります。

結果、最新ニュースや、新製品、効果などを調べるなら、Facebookの方が具体的でいい情報が載っている?

本当に、そう思ったことがあります。

そんな情報ページに、ニッコリ笑顔の美人が口コミの投稿をしていたら、信じたくなっちゃいますよね。お友達のお友達に、お友達申請して行って、人脈開拓を行っている方もおられますね。

ただ、他のネットワークビジネスをやっている人たちの群れに切り込んでスパムを送っている失礼な人たちもいるので、自粛していただきたいという声もあります。

Facebookがネットワークビジネスを禁止していなくても、あたりかまわずスパムを送るような事は、ルール違反であることは誰でもわかります。

Facebookで、ホームページを持つこともできますよね。ぜひ作ってみたいです。

でも、普通のHPを作るようには、簡単にできないんですよね。もうちょっと、かかりそう。

あなたは、このSNSを使って、ネットワークビジネスを広げることに関心がおありですか?

 

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法