心がないと、人は動かない!テクニックに溺れる人はたかが知れているかも

lgf01a201406282300

私の5年ばかりの経験など、たいした事はありませんが、ネットワークビジネスは技術面のスキル、テクニックだけではないなあという思いを最近になって持つようになりました。

はじめてから今まで、パソコンもインターネットも、SEO もホームページも、何も知らないところからインターネットのビジネスをやってきた私は、無我夢中でした。

そうやって頑張ってきて、やっとある程度の自分なりのスタイルができあがってきた、と感じているこの頃です。

かつての自分はそうだったんだろうなと思うのですが、今一生懸命に頑張っている仲間のみなさんの焦る気持ちが、とてもよく見えます。

目先の成果にこだわり過ぎて、自分を客観的に見ることが出来ない間は、誰でもそうだと思うのですが、【焦る気持ち】というものは、どうしても押さえることができません。

結果、邁進する事は良いんですが、焦ると無駄な事で疲れてしまうっていうのか…な?いろんな事をやりかけては、形にならないまま、つぎのことに気を取られるしまう。

そんなところで伸び悩む人が多いですね。

そこをクリアして、一個所にとどまって努力をして取り組めば、それなりに数字は上がります。

結果が出やすいのは、ネット広告かもしれません。マニュアルに沿って広告を出していけば、ある程度誰でも反応が出ます。

でも、広告の反応だけよくすることに夢中になると、次の段階に行けないという事もあります。つまり、人は集まっても、成約につながらないという事になります。

ブログも同じです。

私たちは、一人一人が、会社であり店舗である考えるとわかりやすいかもしれませんが、どんなに門構えは立派そうに見えても、一歩中に足を踏み入れると、なんだ、という事は、よくありますよね。ネットのビジネスでは、私たちの人間としての価値というか、人間性のようなものが、最後には問われるという事を感じます。

ブログもかけない、広告も自分で作れない、そういう方でも、人間性のいい方は、ダウンさんを引き寄せます。

私たちは、メールを添削したり、ダウンフォローのやり方を指導しながら、その方の意識や思考パターンも、徐々に引き上げて行きます。

そういうことに気づいて、そちらのほうを努力をする人は、若い方でも徐々に成約を上げて行きます。

心の柔らかな人は、自分の心を成長させていきますから、その結果、良い動機のメンバーが集まって来たり、誠実なやりとりが増えて来ます。

他人から見える変化ではありませんが、成功のためには、おそらく革新的な変化だと思います。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法