宮脇建 ネットワークビジネスの関係 地道な生活?

 

宮脇 健というのは、宮脇康之さんが使っていらっしゃる芸名だそうです。

宮脇康之さんと言えば、昭和の方なら知らない人はいないでしょう。ファミリー向けドラマ、「ケンちゃんチャコちゃん」から始まって、ケンちゃんシリーズでお茶の間を大いに湧かせた名子役ですよね。
子役の方は、これまで相当数いらっしゃると思いますが、この方ほど、長く記憶に残っていう方はそうはいないでしょう。

宮脇 健さんは、その昔、ケンちゃんの時も可愛くて大ファンでしたが、その後、テレビ番組で彼の真実のドキュメントをみて、私にとってさらに気になる存在になりました。

子役でお茶の間を沸かしていたころ、とんでもない贅沢をしていたそうです。小学生のときに一人で高級車を買って帰ったなんて、エピソードも宮脇さんでしたよね。

しかし、お金がすべてではないですよね。子供時代に享受すべき物は他にもたくさんあります。それら全ての楽しみをうばわれた不幸な子供。番組がそんな作り方をしていたから、余計に印象がつよったんですが・・・何処まで本当かは、定かでありませんが。

しかし、その後の宮脇 健は、転々と仕事を変えて云ったそですね。

成長に伴い、次々破滅していった他の子役たちとは違い、ケンちゃんはあくまでもポジティブに力強く生き続けました。

~ポルノ男優~沖縄で映画監督~ガス屋~飲茶屋~劇団講師と職業転々したという話もありますが、その彼が、一時は「株式会社エナジック」なる会社が販売する高額浄水器(36回払いで468000円)の、”広告塔”になっていたそうですね。

このエナジック、なかなか良い会社みたいです。

エナジックは、電解還元水生成器「レベラック」電解還元水とは、活性水素を多く含み活性酸素を無害化する水ダイポールを販売するエッチアールディと共に、浄水器を販売するネットワークビジネスでは、売上№1を誇っています。

その後、パラオ産ノニジュースを商材にネットワークビジネスを展開するパラワン・ノニ・ジャパン(PNJ、旧社名マリーンワーク、本社東京、清水道訓社長)に会員登録したとか。

今後は同ネットワークビジネスを専業とし活発なセミナーを展開し、同ネットワークビジネスを「5年以内に日本のベスト3に入る会社にしたい」と、芸能生活45周年を迎えた宮脇氏は、インタビューに答えて語ったそうです。

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうざふらいでー)」の情報。

その後、詐欺に遭ったりして、2億円もの借金を負い、地上げ屋になってしまった宮脇さんでしたが・・・

1994年、早月さんと出会いました。彼女は宮脇健さんに多額の借金があることを承知で結婚を受け入れたそうです。

そして地上げの仕事をやめ、1日3つの仕事をかけもち必死で借金を返しました。当時の睡眠時間は2時間だったとか。

早月さんは昼間は美容師、夜は宛て名書きの内職をしていたそうです。そして、夫婦2人で借金返済を始めて8年、借金を完済し、現在は、宮脇健さんは会社員として新たな人生を一歩一歩地道に生きているという情報がありました。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法