ネットMLMが権利収入型アフィリエイトと呼ばれる理由

はじめまして

MLM推進チームの近藤えつこともうします。

インターネットでMLMを面白くするために、日夜頭をひねりつつ、10年以上努力を重ねている主婦です。

MLMといえば、マルチなどと影口を叩かれる嫌われ者のビジネスですが、なんと、現在600万人以上の人が携わっているといわれています。

世間一般から見たら、決してメジャーとは言えないMLMですが、このビジネスのとりこになる人は少なくありません。

その魅力とは、なんといっても、大きな資金を投入しなくてもはじめられること。

成功すれば時間とお金に縛られた生活から逃れることが可能です。

 

MLM報酬は権利収入になりうる

もともと資産家の家に生まれ、働かなくても一生贅沢ができるような恵まれた人間はごく少数です。

普通の人は、この世でたくさんお金を稼ぐには、一生懸命に働かなくてはなりません。

一生懸命に働いて年収をあげたとしても、仕事を休んで好きなことをしながら自由気ままに暮らすことはできませんよね。

そうなんです。

どんな高給取りも、生活するためには働くことを止めることはできません。

弁護士でも、ドクターでも、パイロットでも…

殆どの人は、学生時代から生活のためにアルバイトをして大学を卒業しました。

卒業後は、出世のため、仲間のため、来る日も来る日も会社に通い、会社の利益を上げるために働き続ける私たち。

 

そんなラットレースのような生活から逃れてたい!

自分のしたいことのために時間を使うことができたらと願う人が大勢います。

ハワイに移住してのんびりサーフィンをしながら暮らしたい・・・

田舎で、農業や釣りを楽しみながら、晴耕雨読の暮らしがしたい・・・

etc.

(想像力がなさすぎ?自分・・・)

 

MLMはローリスクハイリターンの起業の代表

働かなくても収入が入り続けるようなビジネスは、あなたが凄いお金もちならば、いくらでもあります。

例えばアパートのオーナーになって、経営は専門の会社に任せるとか、

企業のオーナーになって経営は他人に任せて利益だけを受け取るとか、ですかね。

 

でも、その不動産やアパート、会社の設備を作るには、大きな資産がないとできないことです。

普通の人には、そのための巨額の資産がありません。

ですから、貧乏人にはローリスクハイリターンのMLMがお勧めなのです。

さもなくば、一生給料をもらって生きる人生を、延々続けるだけ。

 

一生給料をもらって生きる人生も、素晴らしい生き方ですよ。

それを否定する気は全くありません。

でも、それを受け入れたくない人間がいたっていいじゃない!

 

MLMは銀行口座さえあれば参加できる

MLMの場合、性別も年齢も関係ないですし、美男美女である必要もありません。

誰かに許可を得る必要もありません。

ブラックでも、元犯罪者でも、暴力団組員でも、銀行口座さえあればできるのがMLM。

それも、MLMが人気の起業である理由です。

MLMのメリットをあげれば、まだまだあります。

 

 

MLMに参加するには

このMLMに参加したいと思ったら、どうしたらいいのでしょう。

そのMLMに参加している人を見つけて、概要書面をもらって規約を確認して、納得したらメンバーとして登録します。

メンバーになるということは、会社が提示する参加条件を満たし、紹介報酬を受け取れる契約をするのです。

初期費用は、会社によって大きな違いがあります。

お金に余裕がない人には、よりローリスクのMLMを探したいところでしょう。

初期費用がかからない、毎月のオートシップも定額なら、ハードルの低いMLMと言えます。

しかし、当然のことながら大きな報酬になりにくい欠点でもあります。

 

では、どれくらいのオートシップが、ビジネスとして手応えがあり、組織も維持しやすいかが気になりますよね。

業界で出した答えは、15,000円程度がベストだそうです。

 

これまで、耳にしたMLMで、もっとも安いかったのは3980円でしたが、とっくに崩壊して今はありません。

因みに、最近話題のWGNは、ウェアラブルのMLMですが、オートシップは7000円だそうです。

そのあたりが、人気の秘密かもしれませんね。

 

ネットMLMは権利収入型アフィリエイト?

さっきも申し上げた通り、紹介報酬をいただくビジネスであるゆえ、MLMはアフィリエイトと同列と言えます。

しかし、普通のアフィリエイトは権利収入型にはなりません。

アフィリエイトの報酬は、一回限りです。

MLMの場合、自分が発掘した愛用者さんが、それ以降何度でも購入するたびに紹介料が入るのです。

もちろん一生。

お付き合いで一回だけの購入という場合もありますが、本当に製品を好きになってくれるかビジネスとして気に入ってくれれば、オートシップは永く続いていきます。

報酬プランは色々あり、還元率も差がありますので、ここであまり詳しい説明はできませんが、ざっと、購入者金額の1割分くらいは、報酬になると考えてもらっていいと思います。

本当に魅力的な製品を扱うMLMならば、心から愛用する人が現れ、購入は続きます。

ネットMLMが権利報酬型と呼べるのはそのためです。

 

ビジネス目的だけの人は、日和見メンバー

純粋に製品を愛する人ばかりなら、組織は壊れてしまうことはありません。

一方、ビジネス目的だけに参加して、製品委興味がないメンバーもいますが、そういう人は日和見状態の存在と言えます。

ビジネス目的の人は、ビジネスが上手くいかないと辞めてしまいます。

 

一度は組織を大きくできても、ガラガラと潰れてしまうのは、そんなところに原因があります。

なぜビジネスを辞めてしまうのでしょう。

それは、製品代を経費とみなすからです。

 

紹介報酬を受け取るには、提携した主催会社の製品を定期的に購入していることが条件になります。

ビジネスをするためだけに製品を購入している人は、報酬がないと損している気になります。

 

そういう方には、MLMは向きません。

ノーリスクのアフィリエイトに行ってくださればいいのです。

ネットMLMは、購入義務があるが権利収入になるアフィリエイトなのです。

 

熟練アフィリエイターがネットMLMに参戦する理由

それならば…

「ノーリスクのアフィリエイトでたくさんじゃん」という人が、アフィリエイトに徹します。

しかし、アフィリエイターはずっと働き続けなくてはいけません。

ずっと働き続けるのに嫌気がさすと、アフィリエイターは、ネットMLMの扉を開くようです。

 

トップアフィリエイターが、注目したMLMといったら、ワールドベンチャーズが有名ですね。

あそこは、初期費用はありますが少額で、オートシップも定額、しかも4人紹介すると、オートシップがなくなります。

アフィリエイターには、もってこいのMLMといえます。

そのほかにも、通販型のMLMなら、オンラインで申し込みができるので、管理も簡単。

そんな、アフィリエイターに最適なネットMLMが次々と誕生してきています。

 

もうすでに、アフィリエイトの手法で権利収入を作る方法として、アフィリエイターが注目するビジネスとなっています。

これからさらに、ネットMLMがメジャーになっていくにつれて、アフィリエイターが参戦するようになるでしょう。

 

アフィリエイターがネットMLMで成功するわけ

MLM、つまりネットワークビジネスは、愛用者を紹介するだけで収入が発生する仕組みだからです。

ネットマーケティングのプロであるアフィリエイターが、リアルで、あるいはメルマガやブログで、「すごいビジネスチャンスですと」と一声かければ、ビジネスチャンスを探し求めている人たちは、飛びつきますよね。

現に、ネオヒルズ族として有名な与沢翼さんは、アムウェイに参加して、一日に700人のビジネスパートナー(ダウン)を作ったとか、信じられない記録を残しましたね。

 

それは、与沢さんだからこそできたことでしょうって?

もちろんです。

でも、700人は無理だとして、ダウンを3人作るだけでいいとしたらどうですか?

日本中のネットユーザーの中から見込み客を探せば、3人くらいは見つけられると思いませんか?

リストアップさえできれば、ビジネスは成功したも同然です。

 

タイトルとURLをコピーしました