インターネットで集客するメリットとは

ネットワークビジネスで稼ぐためには、小さなステップを達成していかなくてはなりません。

クチコミと、インターネットのビジネスとでは、もちろん、そのステップの高さも種類も違うでしょうね。

私はインターネットのビジネスしか知らないので、そのほうしか書けませんが・・・。

インターネットの場合、まず見込み客のリストを作らなくてはいけません。 このステップを上がれない人は、結構いらっしゃるんです。

そこが最も大変なのは、クチコミも同じでしょうか。口コミの場合は、あらゆるシーンでの知人や友人、つまり同僚、同窓生、先輩、後輩たち、親戚、親兄弟、(どこに注目するかは人それぞれですが・・)声をかけられる人の洗い出しから入ります。すごい勇気の要る事ですね。

口コミは、相手のためを思ってさそいったのに、相手は親切だと思ってくれません。

友達だと思っていたのに私を誘った、こんな金儲けの山車にされたとか、友達なのに巻き込んだと、誘った相手に恨まれたり、友達関係を不意にしてしまう結果に終わる事も少なくありません。

ネットでも他人をお金儲けに巻き込むのは同じだろうと、誰かがおっしゃっていましたが、相手の感じ方はだいぶ違います。

インターネットの場合は、自分の過去と現在の人脈には一切触れないで、新たな人間関係をネット上で作っていく方法を取ります。

すなわち、初めて合う人ばかり。しかも、ネットワークビジネスに関心のある人が、アクセスして来られるわけですから、「関心がありません、興味がありません」と断られる事はあり得ないんです。

クチコミよりもストレスははるかに少ないと言えるかもしれません。

それに、私たちのやり方がインターネットでHPを流すだけだからです。ネット広告にしてもブログにしても、個人に対してアクセスするわけではないですから、どぎまぎして勧誘する必要もないんです。

そして、流れたHPから、関心のある方に情報を読んでいただくだけです。

もっとも、関心の強さの度合いは、違いますよ。すべての人が実践したくてビジネスを探しているのではないです。でも、みなさん、いくらかの関心がある事は間違いありません。

その方たちに対して、メールでビジネスへの関心をさらに高めていく、自分を信頼して貰う、ネットワークビジネスをやってみようかという気持ちになっていただくというのが、私たちの仕事です。

ネットワークビジネスをやってみようかな?とか、この人のビジネスってなんだろう、この人と一緒にビジネスがしてみたい、という気持ちになっていただけると、次のステップで資料請求という行動が出てきます。

あとは、資料を見てもらって、参加してくれるのを待つだけ。

催促も、待ち伏せも、説得も不要です。

これが、インターネットのネットワークビジネスのリクルートまでのステップです。 インターネットの場合、こんなにリクルートはシンプルですよ。

自分にもできそうだわと、思っていただけたでしょうか。この方法、あなたはグレーだと思いますか。