危険と分かっても偽バイアグラ(Viagra)に手を出してしまう理由

バイアグラViagra)を飲んで若い女性とばかりデートする男の映画を見て、ジャック・ニコルソンのセクシーなしぐさに、ときめいてしまった私です。

その映画の主人公は、デートのたびにバイアグラを飲んでいたんですが、アメリカでは、そんなにポピュラーなお薬なのでしょうか。

バイアグラは、勃起不全(ED)治療のために処方されるお薬で、病院に行かなければ買えません。

でも、できれば病院に行かないで買いたいと思う方がいらっしゃるようですね。

若い女性が、避妊用のピルをほしくても婦人科になかなか行けないのと同じかもしれません。

また、日本国内では健康保険適用外の自由診療にあたるということも、なかなか手に入らない原因かもしれません。

平均、初診料と検査料で5,000円~25,000円,バイアグラ自体の価格は、1錠あたり1,500円~2,000円になるそうです。

検査を受けて勃起不全と診断されるのは、ショックでしょうしね。診断されなければ、買えないでしょうから、病院に行っても、処方してもらえるとは限りません。

こんな事情も手伝って、海外からバイアグラ個人輸入して買う人もいます。まあ、それが確かなものならいいのですが、偽のバイアグラも存在するようです。また、お金欲しさにネット販売して、逮捕される方もいます。

それほど、ビジネスとしても魅力的な、需要の大きいバイアグラ

しかし、危険なので処方してもらう以外に使用するのはやめましょう。

正規品でも、バイアグラを心臓疾患のある方が、使用した場合に命取りの危険があるそうです。ましてや偽物なら、どんな危険があるか、計り知れません。

また、日本で処方されるバイアグラは、含まれる主成分の量がが欧米のものと比べて少なくて、半分ほどであるようです。

幸せな一夜を彼女と過ごすために、一粒2000円、高いでしょうか。案外安いでしょうか。

このバイアグラジェネリック品が、今年から買えるようになるらしく、製薬会社で準備が進んでいるそうです。その結果、価格が安くなり、偽バイアグラが売れなくなれば、いいことかもしれませんね。

ところで、セックスは、とても大事ですよね。

だからこそ、こんな薬を使わなくても、健康的な食事習慣や生活を送ることで、精力を維持できるようにしたいものです。その方が、ずっとリスクが少ないと思いますよ。

セックスライフのために、体にいい生活を送る男性って、セクシーだと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました