ネットワークビジネスは知れば知るほど醜い世界…という考えに至ったわけ

ネットワークビジネスは、誰でも参加でき、頑張り次第で好きなだけ稼げるビジネスです。その可能性について、否定する気は全くありません。会社がMLMの仕組みを利用して製品を流通させることも、素晴らしいアイディアだし賢明な選択だと思います。

しかし、ネットワークビジネスは知れば知るほど醜い世界だと思えてなりません。今日は、私がこの考えに至った経緯をお話ししようと思います。

ネットMLMの興り

この素晴らしいネットワークビジネスで、インターネットを使ってとんでもないほどのお金儲けに成功する人が現れました。

私が初めて耳にしたネットMLMの成功者としては、ハーバライフのバービーパパこと松浦孝法さまでした。物凄い勢いでメンバーを獲得していて、彼のサクセスストーリーに惹かれてMLMに飛び込む人は多かったと思います。

かくいう私も(笑)

成功した人が舞台に立って成功自慢を繰り返すと、ネットワークビジネスは儲かるという伝説が生まれ、巨額の儲けを期待して人が群がるという現象が起きました。私も、ハーバライフのセミナーに参加したときは、柄にもなくバカでかい夢を見ることができました。

もともと、他人を疑うことを知らないお人よしのわたしは、会場で語られたことをまんま鵜呑みにしてしまったのです。

まあ、お人よしは私だけではなく、ものすごい数いたわけですけど…

ハーバライフで高額の授業料を払って、私が知ったことは、

  • ネットワークビジネスというビジネスがあるということ
  • 世の中には、平気でうそをつく人がいること
  • ネットスキルがないとネットで稼ぐことはできないこと
  • 組織やアップに頼り切りではだめ、スキルが必要

ハーバライフからライフプラスへ

そこでネットに目覚めた私は、ライフプラスに移って、必要な様々なネット集客ノウハウを学びました。

  • 魅力的なプロフィールの作り方、
  • 広告の作り方と出し方、
  • ランディングページの作り方、
  • ブログの作り方、
  • キャッチコピーのコツ、
  • サテライトサイトの使い方、
  • メールでのクロージングの仕方

途中、ちょこっと横道にそれて、ADSでfacebookでの宣伝方法なども勉強させていただいたり、ツイッター集客の達人から学んだりもしました。感謝の言葉もありません。
(現nanairoの影のリーダー橋本さんをはじめ、大勢のアップラインに仕込まれて今のわたしがいるわけでございます。)

こうして12年もこのビジネスに携わり、一時はダイアモンドも達成しサラリーマン程度の収入を得ることができたのは幸運でした。今も、かなり減ってはいますが毎月欠かさずに報酬を受け取っています。

冒頭で書いた通り、頑張り次第では誰でも稼げるビジネスであることは、間違いありませんね。

知れば知るほど醜い世界

では今日の核心の部分です。

否定できない一つの真実

わたしは幸運にも報酬を得ましたが、
報酬を取っていない人もたくさんおられること。

否、もっと正しく言うべきでしょう。圧倒的多数の人が一度も報酬を受け取ることなく去っていくという現実。そして、一部の人たちは製品の良さに気づき使い続けてくれています。そのために紹介者は報酬を得ることができるのです。

ネットMLMの真実とは、「ビジネスとしてメンバーを募り、愛用者として残ってもらう」こと。

それならば最初から、「この会社の製品はとてもいいものだよ。」「高品質の製品をリーズナブルに購入できるよ」と、製品の良さをアピールして愛用者を増やすべきところですが、そうはせず、「簡単に稼げるよ」「その方法を教えるよ」と、えげつない誘い方でメンバーを増やし組織構築をしています。

お誘いするときに、さも簡単にダウンができるように言いますが、それは嘘。

「インターネットなら簡単にダウンができる」という触れ込みに誘っているけれども、実際には簡単ではないのです。

さっき私が言いました。

  • 魅力的なプロフィールの作り方、
  • 広告の作り方と出し方、
  • ランディングページの作り方、
  • ブログの作り方、
  • キャッチコピーのコツ、
  • サテライトサイトの使い方、
  • メールでのクロージングの仕方

これを学ぶことで、やっと稼げるようになるのです。

馬鹿正直な私は、この業界が今も、無責任な誘い方でダウンを獲得していることを、大変後ろめたく感じます。

それで今も、再現性の高い集客法を確立してすべての人がダウンを得る方法はないかと試行錯誤し続けているのです。

ネットMLMの未来

口コミのネットワークビジネスでも、友達をだまして呼び出して勧誘をしたり、射幸心を煽るセミナーに連れていって洗脳するということがあります。

所詮金儲けとはそういうものだと承知のうえで、情弱な学生や主婦をだまして連れて来いと、ダウンに圧力をかけるアップラインもいます。

ネットも口コミも、この業界は、知れば知るほど醜い世界だと感じます。

どうぞ、そのような甘い言葉に騙されることのないようにしてください。

ネットワークビジネス自体は、良いものです。この仕組みから収入を得ることは可能です。

そのためには、勧誘の嘘を鵜呑みにせず、組織に頼ることなく、スキルとアイディアを駆使してダウンを作ることに集中して下さい。

ひとりひとりがそう考えてビジネスに取り組むようになれば、ネットMLMの未来は明るいものになるでしょう。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法