本当は転売ダメだけど、メルカリで売ってもいいの?」

メルカリで「デイリーバイオ」と検索すると、こんなに!出てくるんです。

しかも、ほとんどの製品が定価で、中には、価格を上乗せして売っている怪しからん奴もいます。

それでも、全部売り切れ!!

それだけ人気があるんだな~~

ここで、はっきりさせておきたい、二つのこと。

  1. 個人輸入したライフプラスのサプリメントはなぜ転売してはいけないのか。
  2. もしかしてフリマサイトならいいの?

さっそく説明していきましょう。

個人輸入したライフプラスのサプリメントはなぜ転売してはいけないのか

ライフプラスは大変珍しい個人輸入のMLMです。どうしてそうなったかというと、日本の薬事法下では自社の製品を日本で販売することができないと知ったライフプラス社が、日本法人を作らないと決定したためで、その結果日本から購入するためには、個人輸入という形をとるようになったのです。

海外からサプリメントを購入する場合、本当は、自己使用であっても地方厚生局へ営業目的の輸入ではない証明を受ける必要があります。しかし、特例として、自分のために使うだけの少量であれば、税関確認だけでいいことになっています。

ライフプラスの場合は、まさにこの特例に相当し、自分のために使うだけの少量を定期購入することで、面倒な書類の提出を免れているわけです。

これが、転売してはいけない理由です。

  • 自己所有の目的
  • 少量(二か月分まで)

転売できないことはデメリットか

転売できないことにデメリットがあるんでしょうか。

  • 在庫がたまっても処分することができない
  • 友だちに頼まれても買ってあげることができない。

それは確かにデメリットかもしれません。

でも、在庫がたまらないように、毎月個人で消費できるだけの量を定期購入すれば、そもそも在庫で困るようなことになるはずがありません。

友だちに頼まれたら、その人の名前で購入してもらえばいいことです。で、すぐに欲しいという人には、自分が持っている未使用の製品を融通してあげるくらいのことは、してもいいんじゃないのかな。

転売できない大きなメリット

転売できないために、ほかのMLMのようにビジネス目的で参加して安い値段で購入することはできません。

つまり、ビジネスに参加しなくても、メンバーと同じ価格で購入できるのは一個目のメリット。

愛用者だと1万円だけど、メンバーになると6000円、なんて値段の差があると思うと、どうしても一万円がぼったくりに思えてしまいませんか?

また、転売できないので、在庫を持つ必要がありません。だからこそ、初期費用も要らず、定期購入するだけでビジネス活動を続けられます。

他のMLMのように、最初にセット品を買わなければならない決まりもなく、ポジションのために大人買いを勧められる心配もありません。

リスクを抑えてMLMを始めたい人には、実に好都合です。

もしかしてメルカリならいいの?

ライフプラスの愛用者は、製品を購入するときに、そのことを頭に叩き込まれるので、知らない人はいないはず。しかし、現実はメルカリに出品する人がいるんですよね。

このことについて調べてみると、自分で使おうと思って個人輸入したけれど、今は不要になったという場合、メルカリなどに出品することは法律では特に規制されていないみたいです。

ただし、メルカリのルールで含有成分の中に医薬品でしか使えない成分が使用されている場合、健康食品として販売できないので医薬品扱いになり、出品できません。

海外でサプリとして販売されているものでも、含有成分によっては日本では医薬品扱いになります。

ライフプラスの製品のなかには、そのようなものもあります。もし、そのようなものをメルカリなどのフリマサイトで転売したら、規約違反どころか薬事法違反、立派な犯罪です。

メルカリの出品禁止項目にも

禁止されている出品物の一覧の中に、法令に抵触するサプリメント類とあり、以下の通り具体的に説明されています。

  • 医薬品に該当する成分が含まれているもの
  • 成分の形成で法令に抵触するもの
  • 薬効表現、標榜が法令に抵触するもの

 

ライフプラスの製品は、とてもいいものですが、日本の薬事法に照らした場合、一部の製品は出品できないものにがいとうしますね。

デイリーバイオは問題ないですが、日本で購入出来なくなった製品、エンドクリンDHEAタブレットはどうなのかなと検索したら、出品してる方がいました。つまり、メルカリのほうは、あまり詳しくチェックを入れてないということなのかもしれませんね。

じゃあ、メルカリで売ってもいいのか・・・

じゃじゃーん!

ニュージーランドの飯田さんに聞いてみた

結論を言うと、

オークションサイトで製品を販売したらピン抹消!!

(オークションサイトには、フリマアプリも含まれるという認識)

だそうです。

出品している人がわかったら、教えてほしいとも言われました。

ピン抹消がペナルティになる人もならない人もいるでしょうけど、少なくとも組織をもって報酬を得ている人は、大きな損失になるでしょうね。

他の人の名前で購入するのはおそらく問題ないでしょうけど、それでまたピン抹消されたら、また別の人を登録させないといけなくなります。

なぜメルカリに出すのか

メルカリで出品している人は、ほとんど自分が購入した金額と同じか、(訳アリで半額にしている人もいるけど)送料を載せた金額で設定しています。

つまり在庫に困って処分するために、儲けなしで出品してる人がほとんどです。

売り手のコメントを見ると、こんな事情で出品してるそう。

定期購入の消費が追いつかないため 出品します

それなら、購入するのやめればいいじゃん、と思うのです。

在庫がたまったら

製品がたまったら、3か月くらいエイサップを止めるとか、たまった製品を消化するまでほかのスキンケアなどにエイサップを変更するなどすれば、危険を冒してメルカリに出す必要ないと思うんだけど。

ダウンがいない人は、エイサップを休止しても問題はありません。ニュージーランドにメール一本流すだけです。

直ちにピンは抹消されませんし、それどころか一年の猶予があります。

それで、在庫がなくなったら、エイサップを再開すればいいのです。

報酬を受け取っている人は、エイサップを休止するとその間は報酬が止まりますから、別の製品に変更するほうがいいかもしれません。

アップは報酬が減るので、休むとシステムを止めるとか、いろいろ言ってくるでしょうが、何と言われようが関係ありません。

一部のグループは、ビジネスに参加するための条件に、ある一定のポイント以上の購入を定めています。つまり、このビジネスで有利に成功できる特典を付けるから、製品をたくさん買って!という交換条件を設けているわけ。(飯田さんは、それが原因で手持ちの製品が余ってオークションサイトに出す人がいるのではないかと考えているらしい。)

ここで大きな声で叫びたい。

  1. ライフプラスビジネスの参加条件は、愛用者であること。
  2. 報酬を受け取る条件は、40IP以上の定期購入していること

※タイトルホルダーは、報酬を受け取る条件が少し上がりますので気を付けて!

  • ブロンズ未満は40IP以上
  • ブロンズとシルバーは、100IP
  • ゴールド以上は、150IP以上

そして最後に一言

フリマに売るよりも、自分でネットショップを作って愛用者獲得したほうが、ダウンは増えるし報酬にもなりますよ。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法