成功するために必要な三つの覚悟とは

「あなたは、ネットワークビジネスで成功する覚悟を持っていますか?」なんて質問されたら、わたしならビビります!成功するために、嫌なことやつらいことに耐えなければいけないといわれているように聞こえるからです。

「つらいことや嫌なことをして稼がなくてなならないなら、本業のサラリーマンや自営業でじゅうぶんだ。わざわざ副業などするもんか!」

はい、その気持ちはよくわかります。確かに、ネットワークビジネスで稼ぐのは楽ではないし、楽しいことばかりではありません。でも、私が今日言いたいことは、そういうことではないのです。

ネットワークビジネスで成功する覚悟とは

ネットワークビジネスに参加したら、するべき覚悟とは

  • 主催企業を信頼すること、
  • 製品に惚れること
  • メンバーを裏切らないこと

口コミだろうが、ネットだろうが、この三つの覚悟がなければ始めるべきではありません。

至極、当たり前のことです。この三つ、説明する必要があるでしょうか。

信頼できない会社の製品を買うべきではないし、製品が気に入らなかったらビジネスにするべきではありません。そして三つ目は、「簡単に辞めない」ことです。

覚悟なしに始めてしまう人が多い

覚悟のない人が多いと、組織は安定しないため苦労のわりに稼げないという結果になります。

  • ビジネスや製品のことを知ろうとしない
  • 製品を買うだけで使わないから良さを実感しない
  • メンバーに関心がない

知識も愛着もない企業、体感のない製品を、ビジネスにして成功できるほど、ネットワークビジネスは甘くありません。

口コミのネットワークビジネスの経験が長い人は、そのことを骨の髄まで良く知っているはずです。だからこそ、彼らは長くこのビジネスをやってこれたのです。でも、インターネットのネットワークビジネスに、そのような人たちはあまり参入してきていません。

自分が選んだネットワークビジネスと添い遂げる覚悟のない人達は、なぜ安易にネットワークビジネスに参加して、夢破れて消えていくのでしょうか。

私は、そのネットMLM最大の課題を、どうやったら解決できるか試行錯誤しつづけています。

覚悟がない人を成功させるには

ここで、カミングアウトが必要でしょう。私も、ネットワークビジネスに参加したばかりの時、十分な覚悟などありませんでした。

それが、いつの間にか覚悟ができた。その理由を見つければ、この課題の解決法が見つかるはず。そう考えて考えてみました。

私の場合、三つの点が思い当たりました。

  • 早い段階でダウンができたこと
  • S傾向のアップラインが時間をかけてスパルタ教育してくれたこと
  • ネットワークビジネスの熟練者がダウンになってくれた
  • ビジネスのゲーム性に魅せられたこと

私がアップとして、ダウンにそのすべてをやってあげられたらと思うのですが…

わたしには、スパルタなんておぞましい行為は不可能です。

出来ることはただ一つ、早くダウンができるように協力することだけです。

早くダウンができることが役に立つわけ

早くダウンができるのは、アップにもダウンにもメリットであることは間違いありません。辞める理由の最大のものは、ダウンができないことだからです。

しかし、そう単純にいかないことも事実です。

アップラインの提案で、ダウンライン深堀のために、自分で取った資料請求をダウンラインのにつけていくという無茶な戦略を実行したことがありました。

そこで学んだことは三つ。

  • 誰でも資料請求を振ればダウンができるわけではない
  • ダウンができると辞めなくなるが、自分で取る気は消える
  • 周りにばれると他のダウンが、不公平だと文句を言う。

メリットは、「ダウンができると辞めなくなる」ため、しばらくの間は組織が安定するという一点のみ。

デメリットをなくすには、

  • 周りにばれないこと。
  • たとえ上手くいっていても一人を支援する期間を守る

まとめ

究極のところ、ネットワークビジネスで成功するためには、

まず、インターネットなら楽して儲けられるという幻想を持たない、持たせない、口にしない、ということだと思います。

でも、それを切り札にネットMLMは成長してきたので、いきなり方向修正することは難しいというのが現実です。

ならば今のやり方を全うし、最初は、自分一人で鬼のようになって組織を増やし、組織の中の数人を辛抱強く支えて、集客の鬼に化けるのをひたすら待つことかな。

早い時期に良い人材を得た人は、唯一、楽して儲けられる人になるわけですが、タイトルを越されないようにする努力は必要です。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法