不労所得の夢なんかすっぱり捨てて生きるほうが賢明だろうか

ネットワークビジネスで不労所得を稼ぐのは、以前より難しくなっているのでしょうか。
早い時期のネットワークビジネスの活動がどういうものだったのか知りませんが、法律が禁じている勧誘方法をがどんなものかを見ると、禁じられてなかった時期にはかなり強引な勧誘がふつうだったのでしょう。

従来のネットワークビジネスに限界を感じて、インターネットでできるビジネスを探す方が多い事もうなずけます。

クチコミのビジネスに限界だという理由は、一つには、法律が厳しくなった事。

勧誘であることを隠して、気楽に、友達を呼び出すことができなかった。
断られて尚しつこく勧誘することができなくなった。

契約を取っても、クーリングオフですぐに取り消しにされる。
強引な事をすると、すぐに苦情を訴えられる。(以前より取り締まりが厳しくなった)

会社の都合で、せっかくできた組織がなくなって、収入が消えてしまったという不運な人もいます。

・会社側が、日本市場に関心を失ったために撤退した。
・あるいは、連鎖販売システムを終了して、ただの通販会社に。
・会社が倒産、あるいは業務停止、最悪は倒産なんてこともあります。
こんなことになったら、不労所得はまた夢に逆戻り。また組織を一から作り直し?

今も、ネットワークビジネスに魅力を感じながらも、過去のトラウマにとらわれて、あるいはモチベーションを下げてしまって新しいビジネスをスタートさせる踏ん切りのつかない人がいらっしゃいます。

逆に他人の足を引っ張る人もいますね。

ネットワークビジネスの不労所得など、どうせ叶わない夢に過ぎないんだと、アンチに回って、2ちゃんねるで好き放題、けなして自己満足する人もいますよね。

この際、不労所得の夢をすっぱり諦めるのも、一つの人生です。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得した方法