インターネットで時短でMLM集客するには

最近、時短が流行っていますね。

お料理のレシピに始まり、家事全般まで、時短は大注目です。

ネットMLMについても、最も期待されるメリットは、時短ではないでしょうか。

いうまでもないですよね。

誰もが、ネットワークビジネスの報酬を早く受け取りたいと思うからです。

でも、本当にネットのほうが時短なのでしょうか。

時短を求める人は、何に注意を払えば、希望通りの結果を出すことができるのでしょう。

今日は、その点を考えてみたいと思います。

 

ネットより口コミのほうが速いケース

話を聞いてくれる相手がいれば、ネットより口コミのほうが早いです。

なぜなら口コミでは、友達や親戚が相手ですから、鉄壁な信頼関係があります。

そんな親しい間柄の相手が自分のビジネスに興味をもってくれたら、話が早いわけです。

それだからこそ、何十年とネットワークビジネスというビジネスが成立してきているわけです。

 

ネットで信頼関係を築けるのか

それと同じほどの信頼関係を、ネットで知り合う相手との間に築けるか、といえば、無理に決まっています。

では、どうやってビジネスが成立していくか・・・

ネットMLMの場合、親しい友人になる必要はないのです。

少なくとも、

  • 悪い人間ではない
  • 騙すつもりはない
  • 親切そう
  • 頼りになりそう
  • 嫌いではない(好感が持てる)

そんな風に思ってもらえば、成約の可能性ができてきます。

その意味で、ブログを持っている人は有利です。

ブログは、一方的ではありますが、自分の考え方、想い、目標などを、コンテンツにしてネットユーザーに知らせることができるからです。

そのメッセージを受け取ってくれた人は、広告(メール広告やSNSなど)から来る人よりも、ビジネスに参加してくれる可能性が高いです。

 

信頼関係がなくても成功する場合

相手が、ビジネスに対して何を求めているかも、重要です。

ネットでビジネスを探している人たちは、ある意味、焦っている(早く稼ぎたくて)のでしょうね。

ですから、ビジネス自体が魅力的なら、紹介する人間などどうでもいいという人もいます。

その場合、WEB資料や動画を用意して、ビジネスを魅力的に見せて集客するのは効果的です。

でも、気をつけなくてはならないのは、成功意識と思いこみが強い人は、自分勝手に解釈してしまい、誤解したまま参加することがあります。

後になって現実をしって、幻滅させるようなことがないようにしたいですね。

この辺が、ネットMLMのリスクかもしれませんね。

提供する情報のすべてに目を通してくれればな、と思いますが、こちらも、もっと努力しなければね。

 

ネットMLMは、時短なのか

結論は・・・

個人差が大きいといえると思います。

  • 信頼を勝ち得るのが上手い
  • 活動する手が多く早い

熱く、マメに動ける人が成功しやすいといえます。

そのためのテクニックは教えますが、自分なりに試行錯誤する必要があります。

時短を願うなら、自分自身でも腕を磨くことですね。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法