権利収入とは

権利収入と労働収入の違いをうまく説明した、MLM業界では超有名な動画

 

いかがでしたか?

権利収入を得るために、このパブロを真似て、俺も水道をひかなくちゃっと思った方は、いないとは思うけど、単純すぎます。

ここではまず、労働収入の他に、権利収入という収入の種類があるということに、気づいてください。

つまり、会社に勤めたり、自ら会社を作って収入を得る以外にも、収入を得る方法があるということです。

 

権利収入とは、どういうものなのか

権利収入にも、いろいろありますが、その中で、もっともイメージしやすいのは、賃貸マンションを所有している人が受け取る家賃収入ではないでしょうか。

 

家賃収入

賃貸マンションを建てるには、大きな費用が必要ですが、でき上がったその賃貸マンションに、かわるがわる人が住んでくれ、家賃を受け取るようなると、それは安定収入になります。

大家さんは、マンションを完成させただけ。

この収入を受け取るために労働をする必要はありません。

何も労働をしなくても、海外旅行に行っていても、趣味に没頭していても、自分の口座に家賃が振り込まれますよね。

その賃貸マンションを所有するから報酬を受け取る権利があるわけで、つまりは権利収入だといえます。

 

印税収入

不動産以外にも、作家、作曲家、作詞家、シンガーソングライター、映画監督、などなど、

特別な才能に恵まれ、人一倍の努力を払った人に、自分が作った作品が世の中に認められた場合、印税的な収入が発生することがあります。

 

株など、もっている財産が生み出す収入

その他、株をたくさん持っていて、代々にわたって配当を受け取り続ける資産家もいますよね。

うらやましい限りですが、このような労働によらない収入は、労働収入に対して権利収入といっていいでしょう。

 

権利収入で生活できるとしたら

少額では、あまり生活に影響はないかもしれませんが、もし権利収入が、自分の必要な生活費をまかなえるほどに巨大化していったとしたらどうでしょう。

自分は、生活するために働く必要はなくなるのです。

 

労働して生きるしかない、というのは、思い込みに過ぎない

私たちは、普通、生きるために毎日毎日、8時間以上働いています。人生の大半を仕事に捧げていると云っていいほど、長時間働いています。

その仕事が、楽しくて楽しくて、お金をもらわなくたってやりたいことだとしたら、その人は幸せな人ですが、そういうケースはそうは多くないでしょう。

仕事をしているより、やりたいことが、誰でもあるからです。

  • 朝から晩まで、家族と一緒にいたい
  • ボランティアに、一生を捧げたい
  • 世界を旅したい
  • グルメを極めたい
  • スポーツの普及に尽力したい
  • 仲間とバンドをやりたい
  • 生き物や植物などを研究したい
  • サンゴ礁を守りたい

自分の心の奥に秘めた、大いなる野望(?)を見つめてみてください。

でも、みんな夢の前に、食べるため、家族を食べさせるために、時間とお金を、やりたくない仕事に費やすしかないというのが現実なんですよね。

「たまに、旅行に行って、温泉に浸かりおいしいものを食べて、自分はいい人生を送っている」と思っている人は多いけど、それは、ごまかされているだけなんですよ。

やはり求めるべきは、労働をしなくても、生活に困らないだけの権利収入

十分なお金と、限られた時間を自分のしたいことに使う自由、それが、最高の人生ではないでしょうか。

権利収入を得るということは、そういうことなんですね。

 

どうやって権利収入生活に入るのか

生まれながらに、親が財産をもっていて、何をしても、何もしなくてもいい人は、ごく少数ですがいるとは思います。

でも、それでは、内面的には十分に成長出来ない人間になってしまいそうで、あまりうらやましくないですね。

 

そうではなくて、裸一貫から、自分の努力と人脈によって、権利収入を得る方法があるのです。

たとえば、アイディア商品を発明するとか、本を書くとか、も、いいですよ。

でも、もっと、気軽に始められる権利収入ビジネスがあります。

その一つが、ネットワークビジネスです。

 

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスは、最初は一生懸命口コミに歩きまわり、商品を紹介して売れた製品の量に応じて、メーカーから紹介料をいただくという、地味なお仕事からスタートします。

でも、その苦労を続けていくうちに、ダウン組織が大きく膨らんでいき、やがて、自分が努力しなくてもひとりでに膨張していく組織になっていくのです。

そうなれば、自分は、だんだんやることが少なくなっていき、やがては簡単なフォローをしていくだけで、権利収入のような、安定的な収入を毎月受け取れるようになるのです。

 

たとえ10万円の権利収入であっても、一生、受け取り続けるとしたら、いくらになるか考えてみてください。

50年で、総額6千万円ですよね。

これが、もし、10万どころか、毎月50万、100万だったら?

3億円、6億円ということになります。

この大金を、労働しないで受け取れるんですよね。

そうなれば、素晴らしい人生を送れるのではないでしょうか。

 

1億円の資産があれば、良い人生が遅れるか

仮に、一億円の金融資産があっても、それを取り崩さないで利子だけで生活するとしたら、一ヶ月幾らになるかというと、計算の得意な人に聞いたところ、13,000円程度だそうです。

だとすれば、ネットワークビジネスで10万円の安定収入は、7億7千万の財産を、持っているのと同じになります。

確かに10万円では生活できませんが、ネットワークビジネスで10万円の権利収入を稼げる人ならば、さらに大きな金額を稼ぐことは簡単ですから、貯金を殖やすことを考えなくても生活に困ることはないといえるでしょう。

ネットワークビジネスで成功することは、正直言って、誰でも出来るほど簡単とは言えませんが、資産も才能もない人が、ローリスクで始める事ができて、富裕層の仲間入りができるビジネスは、他にはありません。
ネットワークビジネスと権利収入のお話し、いかがでしたか?

わくわくした人は、ネットワークビジネスについて、もっと詳しく調べてみてくださいね。

ひとりも誘えない私がどうやって657人のダウンを獲得したか